「空港ファッション」は地味 黒・グレー・ベージュ…

常にファッションも注目されるBTSだが、ハイブランドでは「ルイ・ヴィトン」のアンバサダーを務めている。2021年秋冬コレクションでは、メンズを着てスピンオフショーにも出演している。クリエイティブディレクターがヴァージル・アブローになりスタイルがよりストリート寄りになったので、今のルイ・ヴィトンは若いBTSのメンバーによく似合って、カジュアルもドレスもバッグも実にうまく着こなしている。ちなみに国連でスピーチとパフォーマンスをした時に着ていたスーツは、「リコード」という韓国のサステナブルを提唱しているブランドなのだそうだ。

筆者は全然知らなかったのだが、原稿を書くにあたりいろいろググっていたら、韓流ファンの間では、韓流スターたちのリアルな表情や私服ファッションをチェックできるのが移動時の空港で撮られたスナップ写真らしい。ネットではこういうファッションスナップのことを「空港ファッション」と言うんですってね。

BTSの空港ファッションを見てみると、同じハイブランドでも衣装で着ている時とは違って、黒やグレーやベージュといった目立たない色をよく着ている。他の韓流スターの空港ファッションと同じようにビーニー(ニット帽)やキャップをかぶって、オーバーサイズのロングコートやフーディに細めのデニムやスニーカーで大きめのハイブランドのバッグ、といったスタイルが多い。時には「トム・ブラウン」のトリコロールの入った靴やバッグ、「ビズビム」の半纏(はんてん)などクセの強いハイブランドを着ていたりする。

衣装にしても空港ファッションにしても、いかにもBTSらしいのが、同じブランドの服をメンバーが全員バラバラで違うアイテムや柄を着こなしていても統一感があることだ。

7人が異なる服を着ても統一感がある。着こなしの幅が広いのがBTSの特徴でもある(ロッテ提供)

一番それがよくわかる例がロッテのキシリトールガムのCMだろう。『Butter』の曲に乗ってコミカルでチャーミングなパフォーマンスを繰り広げるのだが、このCMで着ている衣装は『ポロラルフローレン』だ。

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
次のページ
「いかにも」じゃないコンサバが新鮮
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram