日経PC21

Braveにはスマホ用のアプリもある。「同期チェーン」機能を利用すれば、複数のパソコンやスマホとブックマークなどを同期できる(図16~図18)。標準で同期されるデータはブックマークのみだが、閲覧履歴やウェブサービスのパスワードなども同期対象として追加が可能だ。

図16 「設定」を開いたら画面左で「同期」を選び(1)、右側に現れる「同期機能を利用開始」を押す。初めて同期する場合は、この画面で「新たな同期チェーンを開始する」を選ぶ(2)
図17 図16の次に現れる画面で同期対象として「スマホ/タブレット」か「パソコン」のどちらかを 選択 。前者を選択した場合は、左のQRコードが表示されるので図18左へ進む
図18 スマホ版の「Brave」アプリを起動。右下の「...」を押して「設定」を開く。続いて「同期」(iOS版では「Brave Sync」)を選び、「同期コードをスキャンまたは入力します」を押す(1)。図17のQRコードを撮影する。標準の同期対象は「ブックマーク」のみ。画面下に現れる「データ設定」で対象を追加できる(2)。パソコン版も図16から同様に設定が可能だ

(ライター 五十嵐俊輔)

[日経PC21 2022年7月号掲載記事を再構成]