グッチやドルガバが新作 ぽってりスニーカー6選

2022/3/21
LEON

数年前から勢いが止まらないぽってりシューズは、今春も豊作です。この流れに乗っかるなら、オススメはメゾンのスニーカー。主張があって、華やかさ、存在感も万全ですから、春は足元から気分をアゲちゃいましょう。




春こそ、足元の主張で差をつけるべし

ぽってり顔のシューズ人気が、依然として継続中です。今春も、各ブランドからぽってりフォルムのモデルが続々登場していて、目移りしてしまうかと。

そんなトレンドを押さえつつ、足元で一目置かれたいなら、メゾンの新作をチョイスするのは得策。なぜなら、春の装いに欠かせない華やかさ、存在感を兼ね備えた名作が、今春もごっそり登場しているのです。

どれもブランドらしさあふれるロゴ使いや配色、モダンな装飾パーツがちりばめられていますから、少しずつ重ね着が減るこれからの季節は、コーディネートの主役として重宝するのは間違いありません。

「何かひと味足りないな……」、そんな時の決め手を、シュークローゼットに備えておくのは、しゃれ者の極意といえましょう。

加えて、本格的な寒さが終了すると、気分をガラリと変えたくなるものですが、そんな思いを履くだけでお手軽に満たしてくれるのもポイントかと。

とにもかくにも、春先は、足元から気分を上げていきましょう。

今春履くべきぽってりスニーカー その1 「グッチ」

なんだかんだいっても“ちょい厚ソール”はハズせない

10万4500円/グッチ(グッチ ジャパン)

いまや、ぽってりスニーカーは百花繚乱(りょうらん)。特に厚底タイプは、やっぱり旬な必需品です。さすが、名門グッチは、そんな男心をよ~く心得ていらっしゃる。

とはいっても、ソールの厚みをしっかり強調しつつも、スポーツ用のソレとはデザイン面で一線を画すセンスはさすが。

さらに、おなじみのGGキャンバスにレザーのトリミングを施したアッパーからもリッチな雰囲気が漂っています。それでいてフォルムがベーシックゆえ、コーディネートしやすいってのが、ありがたいんですよね。

次のページ
春の装いに必須の華やかさと存在感ある名作がごっそり