MEN’S EX

2022/2/8

トゥモローランド渋谷本店編

INTERNATIONAL WATCH COMPANY(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)

男の色気がにじみ出る黒のオールドインター

IWCらしい整った顔立ちのセンターセコンドモデル。文字盤こそリダン(塗り直し)だが、ムーブメント、ケースともコンディション良好で、王道のドレス時計を求める人には最適な1本だ。「こういった黒文字盤&黒ベルトのモデルは、はやりの茶系スーツの引き締め役に適任だと思います。今回のようにVゾーンも黒とベージュの2色でストイックにまとめれば、より今らしく仕上がります」(トゥモローランド メンズバイヤー 神谷真太郎さん)。’69年製。手巻き。SSケース。径35mm。38万5000円(トゥモローランド渋谷本店)

スーツ12万1000円、シャツ2万2000円、タイ1万3200円/以上トゥモローランド ピルグリム(トゥモローランド)※掲載の時計はビンテージの1点ものにつき、完売の可能性もあります。詳しくは各店舗へお問い合わせください。

CARTIER(カルティエ)

美的センスをアピールできる角型時計の傑作デザイン

新作「タンク マスト」の原型とも言える’70〜’80年代の「マスト ドゥ カルティエ」(通称マストタンク)。近年お洒落(しゃれ)巧者の間で人気が高く、写真のように状態のいいものは入手が困難になってきている。「タンクを愛用したアンディ・ウォーホルにちなみ、ノーカラースーツで芸術家風にコーディネートしてみました。時計にリンクしたカラーニットと主張のある格子柄のスーツがクリエイター然とした雰囲気を醸し出します」(トゥモローランド メンズバイヤー 神谷真太郎さん)。’80年代製。手巻き。SV925(ヴェルメイユ)ケース。24×31mm。29万7000円(トゥモローランド渋谷本店)

ジャケット7万3700円、パンツ4万4000円/トゥモローランド ピルグリム、ニット2万900円/トゥモローランド トリコ(以上トゥモローランド)※掲載の時計はビンテージの1点ものにつき、完売の可能性もあります。詳しくは各店舗へお問い合わせください。

MOVADO(モバード)

ほっこりした雰囲気が休日のニットスタイルに映える

「ミュージアムウオッチ」のイメージが強いモバードだが、かつては名門マニュファクチュールとしてならし、機械式黄金期にはマニア好みの傑作を輩出した。こちらもそんな時代の一品。「シンプルながら、立体的なアラビア数字のインデックスや外周のドット、ぷっくりしたドーム型風防によりどこか愛らしさもあり、休日の寛いだニットスタイルにもぴったりです」(トゥモローランド メンズバイヤー 神谷真太郎さん)。’40年代製。手巻き。SSケース。径33mm。14万3000円(トゥモローランド渋谷本店)

カーディガン5万2800円/トゥモローランド トリコ、シャツ 3万3000円、パンツ3万800円/トゥモローランド ピルグリム(以上トゥモローランド)※掲載の時計はビンテージの1点ものにつき、完売の可能性もあります。詳しくは各店舗へお問い合わせください。

Watch Special 2022

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2022」では、注目の腕時計新作、最新トレンド、インタビュー、ビジネスパーソンのための腕時計基礎講座など、多彩なコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2022はこちら

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE
次のページ
ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店編