LEON

誠実かつデキる男の究極は「シングルピークドネイビースーツ」

オンタイムにモテたいならば、ヘタに遊んだスーツで目立つより、デキる男をとことん追求するのがメリハリ上手。で、誠実感の演出に最適なネイビースーツのなかでも、シャープさが頭の切れるデキる男に見せるピークドラペルがベストチョイス。

ポール・スチュアート

最先端の都市生活者に見せるならコレ

13万2000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山本店)

さらにココンチのは毛織物の世界的名産地である日本の尾州で織った、タキシードクロスを採用。高密度で上品な光沢が、デキそな雰囲気を高めてくれます。

スーツが普段着、なハイスペオヤジの「黒シャカスーツ」

スーツをお洒落(しゃれ)着にするオヤジは、相当お洒落巧者に見えるもの。なぜなら仕事着に見せないセンスと、あえてのこだわりを感じさせるから。なかでもテスラを足にするようなハイスペック系に見せたいなら、黒のシャカシャカスーツが正解。

エイチアイピー バイ ソリード

ノマドワーカーにも最適です

ジャケット5万600円、パンツ2万7500円/ともにエイチアイピー バイ ソリード(タトラス コンセプトストア 青山店)

ココンチのセットアップはナチュラルな表情で品があり、パンツのマグネットバックルにハイテク感も漂います。

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE
次のページ
スーツが普段着、なイタリアオヤジの「砂色コットンス