とうふ入り天津飯 あんかけのふわふわ卵で温まる

日経プラスワン

ふわふわ卵の天津飯を、おうちでも。やわらかさの秘密はとうふです。

ほどよく酸味のきいたたっぷりのあんで、体も温まります。

材料(2人分、1人あたり483kcal
・とうふ(絹) 1/3丁(100g)
・卵3個
・塩少々
・A[かたくり粉大さじ 1/2、水大さじ1]
・カニかまぼこ4本
・ネギ20g
・サラダ油大さじ1
・温かいごはん300g
・あん[水200ml、とりがらスープのもと小さじ 1/2、砂糖・酢各大さじ 1/2、しょうゆ大さじ1、かたくり粉小さじ2]
・カイワレダイコン10g

作り方(調理時間30分)

(1)とうふはゴムべらでつぶしてなめらかにする。カニかまぼこは長さを3つに切ってほぐす。ネギは斜め薄切りにする。カイワレは根元を落とし、長さを半分に切る。あんの材料は合わせる。

(2)卵は溶きほぐし、塩、A、とうふ、カニかまぼこを加えて混ぜる。

(3)フライパンに油小さじ1を中火で温め、ネギをさっといためて(2)に加え、混ぜる。

(4)ごはんを器2つに盛る。

(5)フライパンに油小さじ1を中火で温め、(3)の半量を流し入れる。半熟になったらごはんにのせる。残りも同様に作る。

(6)フライパンの汚れをふきとり、あんの材料を入れて混ぜ、中火にかける。混ぜながら加熱し、とろみがついたらカイワレを加えてひと混ぜする。(5)にかける。

献立の例 シュウマイ、チンゲンサイの中華スープ

ひとくちメモ

とろみをつける あんは、水に溶いたかたくり粉を調味液に加えて作ることもありますが、このレシピでは一度に材料を混ぜて、ひと手間省きました。はじめはにごっているあんに透明感が出て、周りがフツフツとしてから1分ほど加熱するのが目安です。

(ベターホームのお料理教室=大井 一範撮影)

[NIKKEIプラス1 2021年11月27日付]

これまでに掲載した「かんたんレシピ」の記事はこちらからご覧ください。