ハウス栽培イチゴが実質値上げ 生産減に原油高が直撃

今回は冬の果物のアイドルといわれているイチゴがテーマです。これから冬にかけて、出荷量がどんどん増えていきます。都内のスーパーで現在、1パック500円前後で売られています。かつては1パック400円前後が主流でしたが、100円ほど高くなりました。実は今、イチゴにピンチが訪れています。イチゴに何が起こっているのでしょうか。

1パックの粒少なく

JA全農とちぎやJA全農ながさきは、「とちおとめ」や「ゆめのか」といった主要品種のイチゴパックの容量を減らしました。今年の冬は従来より20グラム、約7%の減量です。2段詰めのレギュラーパックの場合、粒にして大きいイチゴで1つ、小さいもので2つほど少ない計算になります。フルーツ店やスイーツ店に販売する業務用も減量されます。

実質値上げといえる今回の取り組みの背景には、生産量の減少があります。農林水産省によると、2020年の収穫量は16万トン程度とこの10年で約1割減りました。栽培する農家や農業法人が減り、栽培面積が少なくなっています。20年の農林業センサスを見ても、農家は15年と比べて約3割減少し栽培面積は16%減っています。ナスやミニトマトなど他のハウス栽培の野菜と比べて、労働時間が長く作業負担が多いこと、生産者の高齢化が進む一方で後継ぎが少ないことが理由に挙げられます。

イチゴ栽培の年間作業時間は2000時間を超えており、他のハウス栽培の野菜と比べて2倍かかります。年間の作業時間の割合をみると苗を畑に植えてから収穫までが全体の6割ですが、パック詰めだけで3割を占めています。

原油高で生産コスト上昇

もう一つが原油高による生産コストの上昇です。資材費や温室用の燃料費が上がっていて、負担が重くなっています。この時期のイチゴはハウス栽培がほとんどです。ビニールハウス内の温度が8度以下にならないように暖房を使って調節しますが、その燃料になるのが重油や灯油です。

イチゴ5万6000株を栽培する関西最大級の農園を運営する「おさぜん農園」(京都府八幡市)によると、昨シーズンは灯油と重油を合わせて約500万円かかったそうです。「今年は重油や灯油が値上がりしているため、昨年と同じ使用量の場合150万円分の負担増になる」(長村善和代表取締役)。負担を減らすために、重油や灯油の使用量削減へ工夫する予定です。

次のページ
収穫作業に省力化の動き