日経ウーマン

資格やスキルを仕事に生かすためにどんな努力をしたか?

育休中に社内通訳の基準をクリアしたことを、とにかく周囲にアピールした。復帰直後から小さな仕事でも回してもらえた。(39歳・栃木県・サービス・法務)

アカデミックな知識を実務に落とし込むために、本を読むなどしました。(44歳・東京都・法律・人事)

習得したスキルを使ったアイデアで業務改善提案を出し、社内にアピール。賞を取りました。(42歳・石川県・医薬品・営業事務)

資格やスキルの習得過程で身に付けた知識は会話に取り入れる(写真はイメージ=PIXTA)

自分がFP資格を有していること、今も勉強を続けていることを上司に告げたところ、異動することができました。(48歳・東京都・官公庁・法務)

会社に対し、普段から向上心があるという姿勢を見せることで、周りからの見る目が変わった。ステージが上がったように思う。(39歳・神奈川県・不動産・営業)

「仕事の満足度を決めるのは、WILL(やりたいこと)、MUST(求められること)、CAN(できること)のバランス。これが一致すれば、自己肯定感も高くなります」(木之下さん)。3つのバランスを整えるスキルは何なのか、考えてみよう

この人たちに聞きました

藤井佐和子さん
キャリアアドバイザー。大手総合人材サービス企業にて、転職支援チームを立ち上げ、数多くの転職を支援。独立後は、延べ1万7000人以上のキャリアカウンセリング、企業の人材育成支援などを行う。
木之下智恵子さん
パソナ スタッフHR本部 執行役員。2003年パソナ入社。派遣社員のキャリアコンサルティング担当を経て、現在は、派遣登録スタッフの人事部の責任者として、就業中のキャリアサポートに関する制度設計に関わる。

(取材・文 御船晶子=日経ウーマン編集部)

[日経ウーマン 2021年9月号の記事を再構成]