コロナで仕事減 オンラインイベントの開催テコに転職

2021/11/4
hacomonoに転職した工藤佳奈江さん
日経 X woman

転職成功例を紹介する「私の転職ストーリー」。20~30代の女性たちは、一体どんな理由で転職を決意し、どのように転職活動を乗り切ったのでしょうか。今回登場するのは、フィットネスクラブなどの会員管理・予約・決済システムを提供するITベンチャー、hacomono(ハコモノ、東京・豊島)に転職した工藤佳奈江さん。コロナ禍で仕事がなくなるピンチをチャンスに変えて転職を成功させる秘訣を聞きました。

工藤さんの転職歴

フィットネス業界の専門誌を発行している会社で、月刊誌の広告営業と編集をしていた工藤佳奈江さん。彼女自身も体を動かすことが好きだったため、やりがいを感じながら充実した日々を送っていましたが、コロナ禍でフィットネス業界が打撃を受けたことで転機が訪れました。

【前職】
◆業界…広告出版/フィットネス業界
◆職種…営業/編集
◆仕事…フィットネスクラブのインストラクターやトレーナー向け月刊誌の広告営業および編集業務。オンラインイベント企画など。
【現職】
◆業界…IT/フィットネス業界
◆職種…マーケティング/広報PR
◆仕事…フィットネス業界向けのイベントやセミナーなどの企画・運営、展示会などのマーケティング施策。広報・PR活動など。
【転職活動期間】
◆2020年7月~8月
【転職方法】
◆企業への直接応募

コロナ禍で仕事がなくなり…窮地を脱するためにとった行動は?

「前職での主な営業先は、フィットネスクラブやスポーツジムなどでした。そのため2020年の年明け以降にコロナの感染拡大が始まると、営業先の7~8割が広告出稿を控えるようになり、私が携わっていた月刊誌も2~3カ月は休刊。一時的に仕事がなくなる状態になりました」

さらに、2020年の4月7日には東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に緊急事態宣言が発令され、スポーツジムなどの各店舗が休業。広告の再開が見込めないと判断した会社は、広告費以外の収入源を確保するために、フィットネスクラブに通えない一般客向けのオンラインイベントを立ち上げる方針を固めました。

「私は新卒入社した会社が総合フィットネスクラブで、そこで6年ほど店舗運営などに携わっていました。フィットネスクラブの店舗運営経験があり、広告営業や編集の仕事を通じてインストラクターたちともつながりを持っていたので、私がオンラインイベントの企画運営を任されることになったんです」

コロナ禍という予想もしていなかった事態と、それに伴う急な仕事の方向転換に、「戸惑いはありました」という工藤さん。

「でも、『やるしかない』という気持ちのほうが大きかったです。コロナ禍で仕事を失ったフリーランスのインストラクターたちを知っていたので、オンラインイベントをすることで、少しでも役に立てればと思いました。

また、業界誌を発行しているメディアとしても、フィットネス業界の働く環境をよりよい方向に整えていくことの重要性も感じていました。だから当時は、戸惑いよりも『このままじゃいけない』という思いのほうが強かったんです」

業界でいち早くオンラインイベントを開催

オンラインイベントのノウハウを持っていたわけではありませんが、工藤さんはイベントの内容や講師として登場するインストラクター、使用するオンラインツールなどを同時進行で決定していったと言います。

「ゴールデンウイーク前までの開催を目指していたので、準備期間は約1カ月。集客できないとイベント自体が成立しないので、これまでのコネクションを最大限に活用し、人気インストラクターたちを集めてヨガやダンス、エアロビクスなどの1dayレッスンを実施することにしました」

講師選定や外部交渉に関しては1人で進めていたそうですが、「なるべく他の人を巻き込むことは意識していました」と工藤さん。

「例えば、分からないことは社内チャットで気軽に聞いてみたり、イベントに関する下調べは同僚にお願いしてみたり。仕事でつながりのある社外のフィットネスクラブ関係者にも、メールなどで『最近の様子はどうですか?』と、短くライトな言葉で近況確認をして、企画の参考にしていました」

ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使った配信作業に関しても、1人では手が回らないので、他の社員に声をかけてサポートしてもらったと言います。

「当時は、1週間のうち2日くらいテレワークをしていたのですが、テレワークだと自分から声をかけないと情報が集まらないし、1人で悩んでいても誰も気づいてくれません。これまで以上に、人のサポートを得ながら仕事を進めていく『巻き込み力』と『推進力』が重要になっていくと感じました」

「テレワークでは、これまで以上に人のサポートを得ながら仕事を進めていく『巻き込み力』と『推進力』が重要になっていくと感じました」
次のページ
コロナ禍によるオンライン化で転職を決意