MONO TRENDY

ブームの予感(日経MJ)

団体スポーツ、おひとりさま歓迎 初心者もOK

2014/5/25

特定のチームに所属せず、フットサルやバスケットボールといった団体スポーツを好きな時に一人で楽しむ人が増えている。初心者が気が向いたときにフラッと参加できたり、練習がなかったりと自由度の高い競技団体が続々誕生。団体スポーツを愛する人たちの受け皿となっている。
フットサルの試合の合間に読書する参加者の男性(東京都中央区の中央区総合スポーツセンター)

「……パスします!」。「あ、はい!ナイスパスです!」。ここは東京・日本橋にある「中央区総合スポーツセンター」。中では20人程度の男女が4チームに分かれ、5対5のフットサルを楽しんでいる。初対面の人同士が多いせいか、掛け声はサッカーチームの試合よりも幾分控えめで、連携プレーもどこかぎこちない。グラウンド脇で待機している選手たちも本を読んだり、パソコンのキーをたたいたりとかなり自由だ。

2006年から運営するのはAIRI(埼玉県川口市)。週に6日、1日に2~3回のペースで「個人参加フットサル」を都内で開催している。参加料金は男性が1回2000円、女性は1000円だ。

会社を立ち上げた森淳一郎氏は以前、スポーツ用品メーカーに勤務。当時の取引先や知り合いと話す中で、家族や仕事の都合で人が集まらないフットサルチームが多くあると知り「商機を見いだした」という。

「個人参加型バスケット」の参加者募集のポスターが貼られた東大阪アリーナ(大阪府東大阪市)

現在の登録者数は約2万人で、女性の申し込みも4割程度ある。2年ほど前から申し込む人が増え始め、その数は当時と比べて1.5倍になった。ここ数カ月はほとんど予約でいっぱいの状況という。

この日参加した会社員の宇根大介さん(36)は週に1度、個人参加のフットサルで楽しんでいる。「前はチームに所属していたが、結婚してからは自由に活動できなくなった。ここだと自分の好きな時にだけ参加できるので便利」という。

練習が無いのも魅力の一つ。参加した31歳の女性

試合を楽しむ「個人参加型バスケット」の参加者(大阪府東大阪市)

会社員は「学生時代は試合は好きだったけど、練習は厳しくていやだった。ここだと練習をする必要も無いし、ミスしても怒られないから気楽」と話していた。

子供が自由に参加できる競技団体もある。大阪府東大阪市にある「東大阪アリーナ」では、東大阪スタジアム(大阪府東大阪市)が運営し、子供も参加できる個人参加型のバスケットボールを週に1度開催。料金は2時間で500円だ。

1回に20人程度参加が可能。主な利用者は20~30代だが、年齢制限を設けていないため、小学生で地元のバスケットボールチームに通う子供たちも多い。

大人の参加者は学生時代以来久しぶりに再開する初~中級者が中心のため、経験が少ない子供でも参加しやすい。この日参加した小学5年生の男の子は「大人と練習する機会は普段ほとんど無いから、勉強になる」と笑顔で話す。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
大手ジムが「有料オンラインレッスン」に注力する理
日経クロストレンド
アップル、4年半越し悲願 腕時計「常時点灯」の真意
日経クロストレンド
ANAも参入 「5G+分身ロボット」でビジネス変革
日経クロストレンド
花王が洗顔シートで王者を逆転 敵の弱点を徹底訴求
ALL CHANNEL