スチームパンク ラピュタの世界、身にまとう「産業革命×SF」でタイムトリップ

19世紀を思わせる衣服に革や歯車のアクセサリー。精巧でアンティークな機械仕掛け。産業革命の時代にSFを融合させた「スチームパンク」の世界を愛好する人たちが増えている。ファストファッションが流行し、機械の外観はシンプルになっていく当節の風潮はなんとなく物足りない。ちょっとした不便さを感じる「時間旅行」をあえて楽しんでいるようだ。

19世紀を思わせる「スチームパンク」のファッションを楽しむ人たち(東京都中央区)
「ギークカフェ」で開かれたフリーマーケットには革や機械部品を使ったiPhoneケースなどが並んだ(東京都千代田区)

「レトロでいいね」「かわいい! どうやって作っているんですか?」。10月下旬の日曜日、東京・水道橋の「ギークカフェ」で開催されたスチームパンク雑貨のフリーマーケット「蒸氣蚤ノ市(じょうきのみのいち)」には、50人以上が集まった。

商品として並ぶのは革と古い時計の盤面を素材に用いたiPhone(アイフォーン)ケースなど、古色の中にどこか機械的な印象を受ける雑貨たち。手に取ると、架空の時代にタイムスリップしたような気分になる。カップルで参加した演奏家の男性(37)は「アナログな雰囲気のアイテムにひかれる」と丁寧に商品を見て回っていた。

今回、フリマを主催したウェブデザイナーの福田智子さん(30)は、日本におけるスチームパンクファッションの先駆者の一人だ。3年ほど前から本格的に始め、1年を通して身にまとう。「既製服をコーディネートしたり、アレンジを施したりして自分だけのスチームパンクを形作るのが楽しい」と笑顔を見せる。

「スチームパンク」という言葉自体は「サイバーパンク」から派生した文学のサブジャンルとして1980年代の米国で生まれた。蒸気機関が動力だった19世紀ごろの英国を背景としたSFやファンタジー。スタジオジブリの「天空の城ラピュタ」の世界などと表現する人が多い。

解釈の幅は広く、日本では明治から大正にかけての文明の変革期を背景とすることもある。米国や英国が本場とされるが、国内でもクリエーターらが作品に取り入れ独自の発展を遂げている。

愛好者はファッションやライフスタイルに自身の想像を加えた世界観を取り込む。1年ほど前からスチームパンクのものづくりを始めたのは会社員の松島敏弥さん(51)。古いタイプライターを模したパソコンのキーボードなどを製作している。同じくものづくりをしている会社員男性(43)は「今の製品はスマートすぎて個性がない。ちょっとした不便さやクセのある昔の物を、この時代に使うことに魅力を感じる」と語る。

MONO TRENDY連載記事一覧