WOMAN SMART

ビューティー

女子高生の制服スカート丈、大阪なぜ長い 私服風アレンジやねん

2013/12/22

「長いスカートは10年以上前、神戸の私立高の制服が『お嬢様っぽくてかわいい』と人気を集めたのがきっかけ。ここから大阪に広まりました」と佐野さん。当時、特に人気を集めた松蔭高校(神戸市灘区)は清楚(せいそ)な紺のワンピースで、「丈は膝下(床より約35センチメートル)」と校則に明記されている。「長い丈の流行は全国でも大阪、兵庫くらい。京都はミニです」と佐野さんは言う。

関西で人気のある松蔭高校の制服は、スカート丈が長めのワンピース(神戸市灘区)

しかし、街頭の現役女子高生からは「神戸の私立校に憧れて」という声は聞かれなかった。大阪で長い丈が最も流行したのは6~7年前。今の「第2次ブーム」には別の理由があるのかもしれない。

アメリカ村(大阪市中央区)で、2人組の女子高生が「リュックサックを合わせて、私服みたいに古着っぽく着たい」「“ゆるふわ”に着るのがかわいい」と話してくれたのが気になる。私服の流行も影響しているのでは。

10~20代向けファッション誌「関西ガールズスタイルエクスプレス」編集部を訪ねた。「大阪では13~14年前、東京に先行してラフな着こなしのカジュアルファッションが広がりました」と山口幸一郎編集長。「重ね着が基本で、派手な色使いをうまく取り入れた個性的なおしゃれが上級者とされる。その対極が男性目線を意識した(露出の多い)ギャルやコンサバ(保守的)な服装。セクシーさは排除し、ゆるくふんわり着るのが人気です」と解説する。

■東京は制服「かわいく」

山口さんが言う個性的な着こなしが特に目立ったのは、大阪で古着が流行した7~8年前という。長い丈の制服が全盛だった時期と重なる。「東京は制服をかわいく着るという観点で短くし、関西は制服を私服のように着こなすという発想では。積極的に自分らしさを出す姿勢が関西らしい」と山口さん。

最初は違和感を感じた長いスカートも取材するうち、おしゃれに見えてきた。東京の女子高生に大阪の写真を見せると「東京だと浮くけど、かわいい」と評判は上々。全国的なカジュアルファッションの流行を背景に、大阪の女子高生の着こなしが全国を席巻する日がくるかもしれない。

(大阪・文化担当 佐々木宇蘭)

[日本経済新聞大阪夕刊関西View2013年12月17日付]

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
吉種怜 遠回りキャリアこその太い軸、迷ったらGO
日経DUAL
帰宅時や店内で…7つのイヤイヤ悩み 現実解は?
日経ARIA
「黒字企業で評価A」のあなたも早期退職の対象にな
日経doors
ハヤカワ五味が実感する読書 「筋トレと似ている」
ALL CHANNEL