変化への対応、女性に強み リーダー登用の課題は妹尾輝男氏に聞くWの未来 やればできる

米ゼネラル・モーターズの最高経営責任者(CEO)に女性が就き、注目された。日本では働く女性は増えてきているものの、社長や取締役などの経営層に女性が就くことはまだ珍しい。日本経済の再生には、女性の登用がさらに必要なのではないか。世界最大級のヘッドハンティング会社の日本法人である日本コーン・フェリー・インターナショナルの妹尾輝男社長に聞いた。
日本コーン・フェリー・インターナショナルの妹尾輝男社長

――日本企業は社長などのトップや取締役など幹部への女性の登用が遅れているのではありませんか。

「働く女性を増やすことと、経営の色々な局面で意思決定をするリーダーとなる女性を増やすことは、大きく違います。日本は少子高齢化で働き手が減るので、女性の就業率が上がれば、これを補う効果が期待できます。これには政治が主導する形でのインフラ整備が進められています。一方で女性リーダーを生み出すことは、今の日本は最も遠いところにあります」

「まず、トップになる女性がどこからやってくるのでしょうか。社内で見つけるのであれば昇進を早くしなければ、女性のリーダーはすぐには生まれません。しかし、昇進を早めることに多くの日本企業は抵抗感があります。一部の社員をエリートとして育てることも、ほとんど実践されていません。高い潜在能力を持つ人が腐らないようにするためには、一部の社員を特別扱いすることが制度化されなければなりません」

「海外では外部から女性のリーダーを招く例があります。しかし、日本企業は外部から経営幹部を招くということすら定着していません。競合する企業から人を招くことなんてめったにありません」

――そもそも今の日本企業はリーダーを女性にする必要に迫られているのでしょうか。

「女性の特徴を考えてみましょう。女性は伝統的なビジネスにとらわれず、男性中心の考え方にもとらわれません。一般にコミュニケーションをとる能力が高いです。英語ができる女性が多いことも考えれば、海外とのやり取りは得意とするところでしょう。ということは、変化に対応する能力は女性の方が男性よりも高いと言えるでしょう。例えばマーケティング分野などは変化に対してアイデアを出すという点で女性に向いています」

「ただ、現状のビジネスをより強力に進めていくということが企業の目的だとすれば、女性がリーダーになる利点はあまり多くありません。変化を求めるなら経営陣も女性がいいですし、昔ながらの事業を追求していくなら、ベテランの男性経営者が強みを発揮します。必要のないところに女性を押しつけても仕方がありません」