AKB48とジャニーズ勢がシングル上位を独占2012年ヒット番付(3)【音楽】日経エンタテインメント!

2012年のエンターテインメント界の動向をランキングから振り返るこの企画。最終回の第3回目は、音楽マーケットについて。「日経エンタテインメント!」編集部とチャートアナリストのつのはず誠さんの対談形式で紹介する(対談は2012年11月に実施)。

2012年のシングルチャートについては、AKB48や嵐などのアイドル勢が、トップ30曲中24曲をしめるほど席巻したのが大きな特徴。一方、アルバムの販売ランキングでは、ミスターチルドレン、桑田佳祐、山下達郎などベテラン勢のベスト盤が上位を占め、シングルとはかなり異なる傾向を示した。

「2012年の音楽マーケット」のアナリスト プロフィール
つのはず誠1968年京都府生まれ。音楽市場分析やCDの企画、ヒットチャート関連の分析・執筆を担当する。松崎しげる「愛のメモリー」35周年記念盤も企画した。

ランキング上位30曲のうち24曲がアイドル系

編集部(以下、編) 日本レコード協会のデータによれば、2012年1~10月のオーディオソフトの生産実績は、枚数ベースで前年比110%と伸びています。シングルが107%、アルバムは112%ですが、正直、ヒットが増えた印象はないですよね(笑)。

つのはず ここで使う市場調査会社「サウンドスキャン」のデータには、AKB48関連グループの「劇場盤」や、ジャニーズの公式サイト限定盤など特殊ルートでのセールス分は含まれません。これで上位500作の売り上げをみると、シングルは前年比98%と実は微減なんですよ。つまり、(1人で複数枚買うような)熱心なファンの囲い込みが進んで売上枚数は伸びたけれど、買う人の数は増えていないんでしょうね。

編集部 その一般流通分だけのランキングでも、1位から7位まではAKB48が独占。2011年同様、1位と2位がAKB48、3位と4位が嵐という結果です。この2つのグループのパワーはやはり別格ですね。

サウンドスキャン調べ(2012年1月2日~11月11日)のデータを基に編集部で作成。パッケージが複数種類ある場合は、セールスを合算した。メーカーの略称は以下の通り。AVX=エイベックス、C=コロムビア、JS=ジェイ・ストーム、K=キング、SR=ソニー・レコーズ、T=テイチク、TF=トイズ、UM=ユニバーサル、V=ビクター、VMR=バーミリオン、WM=ワーナー、YRC=よしもと

つのはず AKB48は選抜総選挙の投票券がついた「真夏のSounds good!」で歴代最高のセールスを更新。レコード協会からSMAPの「世界に一つだけの花」以来、9年ぶりに200万枚出荷の認定を得ました。また、姉妹グループはSKE48が3作すべてトップ20入り、NMB48も22位と、いずれも前年より伸ばしています。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
8周年の関ジャニ∞も好調
エンタメ!連載記事一覧