ボーダー、ブラック…女子が夢中「B」の底流日経BPヒット総研 品田英雄

エンタテインメント、トレンド、健康・美容、消費、女性と働き方をテーマに、ヒット案内人が世相を切るコラム「ヒットのひみつ」。いまを象徴するキーワードから、話題の理由、面白いワケなど、「ひみつ」を明らかにします。今回のキーワードは【3つのB】。2014年上半期にヒットした女性向けの「B」に注目します。

先日、ファッションライターたちとの会話で、2014年上半期に人気の出たものはどれも頭文字が「Bだね」という話題で盛り上がった。

【第1のB】 ボーダー柄(横縞)

この春から街中で爆発的に増えたファッションが「ボーダー」だ。

ボーダーは普通に見かけるファッションだが、3年ほど前にタレントで占い師のゲッターズ飯田が書いた『ボーダーを着る女は、95%モテない!』という本であらためて注目された。「男性と付き合ったことがないと相談に来る女性の90%がボーダーを着ていた」という経験から書かれたものだったためだ。読者からは「あるある」と共感する声もあがった。そのため、女性の間では「着るときは注意が必要」という意識が広がり、ボーダーの人気は低下していた。

ボーダーがもてない理由は、無難だが当たり障りがない選択、もっというと安っぽくて女性らしくないためと解説されていた。

これまでとは違う今年のボーダー

だが、今年のボーダーはこれまでとは違う。脱カジュアルで女性らしさが強調されているのだという。確かに、街でボーダーを着ている女性たちを観察していると、足出し(ミニスカート)、肩だし(オフショルダー)、おへそ出し(ペプラムなど)と露出度が高く、しかも「ゆるピタ」シルエットのボディーラインを強調したものが少なくない。

(画像提供:ファッション通販サイトMAGASEEK(マガシーク))
(画像提供:ファッション通販サイトMAGASEEK(マガシーク))

また、縞(しま)の幅が均等でない変型ボーダーや手描き風など、バリエーションも広がっている。海外でも、ミランダ・カーやテイラー・スウィフトらの有名人も愛用していると多くのメディアが報じている。

ファストファッションに代表される無難で日常的だったボーダーが、ハイファッションでも通用するおしゃれで目立つ女性らしいボーダーへと変化しているのだ。

次のページ
流行は女子から男子へ、ボタニカル男子も登場