エンタメ!

エンタウオッチング

ひっそり静かに輝く「月型」女優が人気のわけ 日経エンタテインメント!

2013/4/1

太陽の光のようにまぶしく輝くのではない。感性の演技によってひっそりと輝く、「月型」女優が今、テレビドラマを席巻している。その背景には、先の見えない社会状況下で、悩みながら一歩ずつ前進していくヒロイン像が共感を得ているといった事情もあるのかもしれない。

1990年代、テレビの連ドラが全体的に高い視聴率を獲得し、キャスティングが重視されていた時代の主演女優には、大衆に強いインパクトを与え、押しの強い存在が求められた。そのため、山口智子、藤原紀香、広末涼子、内田有紀など、華やかでその人自身が光を放つ、いわば「太陽型」とも言うべきタイプの女優が多かった。

だが現在は、人気を集めている女優の特性が、かつてとは大きく変化してきている。

2000年代に入って、シネコンの増加とともに日本映画が上昇気流に乗り、公開作品数が増えると、日本映画の特徴であるシリアスな物語で内省的な性格のヒロインを演じるのがうまい蒼井優や宮崎あおいらが脚光を浴びた。彼女たちは、共演者や監督に照らされて輝く、「月型女優」と呼ぶことができる。

最近は映画で脚光を浴びた「月型女優」が、注目度の高さを買われてテレビドラマでも活躍するようになった(下図を参照)。

例えば、近年、映画にCMに引っ張りだこの吉高由里子や、2013年4月スタートのNHK連続テレビ小説のヒロインを演じる能年玲奈、陰のある美少女役がはまる橋本愛などは、ドラマより先に映画界がその才能に注目した女優たちで、「月型」タイプの持ち味を魅力とする。

NHK朝ドラは、以前は前向きに頑張る「太陽型」のヒロイン像を描くことが多かった。しかし、2012年上半期の「梅ちゃん先生」の主演には、ブレイク作の「野ブタ。をプロデュース」以来、「月型」の魅力で活躍してきた堀北真希を起用。今日(2013年4月1日)から始まる「あまちゃん」では、映画「カラスの親指」で詐欺師を演じ、マイペースなキャラクターの中に秘めた「月型」の豊かな感性が高く評価された能年玲奈が主演する。

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL