(イラスト:いいあい)

「女性の場合、甲状腺機能低下症によるもの忘れも多い」(牧野医師)。甲状腺ホルモンの分泌が低下して、体全体の代謝が落ちるため、体重増加、冷え、眠気などに加え、頭がよく働かない、意欲低下などの症状が出る。意外な原因には、てんかんもある。「発作が起こると、数分~数十分間、意識がもうろうとなり、その間の記憶がなくなる。けいれんは伴わず、周りからは単にボーッとしているように見える」と朝田教授。

また栄養不足が原因のことも。「ダイエットや摂食障害で、脳に欠かせないビタミンB12やB1、葉酸などが不足し、ボーッとしたり、記憶力が落ちたりする」(牧野医師)。ほかに更年期症状の一つとして起こったり、精神安定剤や入眠剤などの薬の不適切な使い方が原因のことも。図2で認知症リスクと、認知症でない場合の物忘れの原因チェックを。

図2 認知症リスクと、認知症でない場合の物忘れの原因チェックシート。自分に当てはまるものをチェックしよう
次のページ
みんなが心配な認知症ってどんな病気?