名前出てこない…もの忘れ、疲れやストレスも原因にもの忘れ改善(上)

日経ヘルス

最近、思い出せない、覚えられない……。人の名前が出てこない、「あれ、それ」が多くなった、度忘れが増えた。もしや認知症? あなたもそんな悩みを抱えていませんか。もの忘れの背景には、うつ病や栄養不足、更年期などの原因が潜んでいることも。2回にわたって、原因別もの忘れ対策を紹介します。1回目の今回は、もの忘れの原因を解説しましょう。

うつ病、甲状腺機能低下症、てんかん、栄養不足、更年期……

加齢や疲労、睡眠不足、悩み事、ハードワークなどが重なると、脳もキャパオーバーになり、注意力や集中力が低下し、もの忘れを招く。病気ではなく、日常生活の中に原因があるこのタイプが一番多い

もの忘れが多く、認知症を心配をしている人もいるのでは。「40、50代で、もの忘れを気にして受診する人もいるが、このくらいの年代なら認知症以外の原因であることがほとんど」と筑波大学附属病院精神神経科の朝田隆教授。牧野クリニック心療内科の牧野真理子医師も、「もの忘れが多くても、あとで『ああ、そうだった』と思い出せるなら認知症の心配はない」と言う。

では、本当の原因は? 「一番多いのは、疲れやストレスなどから一時的に頭の働きが落ちているケース。疲れているうえに悩みなどがあれば、誰でももの忘れが増える」(牧野医師)

加齢も影響する。「もの忘れには、複数の情報を一時的に脳にメモする『ワーキングメモリー(作業記憶)』の力が関わっている。これは普通、加齢とともに低下する」と諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授(図1)。

一方、背後に何らかの病気が隠れていることも。多いのはうつ病だ。「うつになると脳の血流も悪くなり、脳全体の機能が落ちる。集中力や注意力、判断力も低下するので、当然、もの忘れも多くなる」と牧野医師。

図1 1300人(6~80歳)を対象に、言葉を逆から言うなど、ワーキングメモリーを調べる6種類のテストを実施。縦軸のゼロが、テストの平均点を示す。40代ごろから点数はぐっと落ちるが、ばらつきが大きい。「年をとっても成績のいい人はいる。頭の使い方次第で認知機能の低下を防げる」と篠原教授(データ:篠原教授)
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント