入隊迫る東方神起、JYJ…韓流スター徴兵Q&A日経エンタテインメント!

韓国の男性は29歳になるまでに兵役の義務がある。現在、韓流スターたちがその年齢に近づき、彼らがいつ入隊するか、業界もファンもやきもきしている。そんな徴兵の基礎知識をQ&Aで紹介する。

韓国では、男性は29歳(数えで30歳)の誕生日を迎えるまでに兵役の義務がある。今、大物の韓流スターたちが、その年齢に近づき(下表参照)、周辺では「ギリギリまで、アルバムやツアーを企画したいので残り時間との戦い」(業界関係者)や、「ファンのチケット争奪戦が激化中」(韓流ライター)と熱が増している。

上の表は、入隊期限の29歳(数えで30歳)間近の、日本でも活躍している主な韓流アイドルや俳優をまとめた。シンドンは既に28歳なので、入隊間近と話題。アジア、欧米にファンを持つスターが多いため、彼らの活動休止は世界的な「徴兵ショック」になりそう

例えば、東方神起のユンホは1986年2月生まれで、2014年2月に28歳。単純に年齢だけ見れば、入隊の期限まであと1年少し。あくまでも期限なので、その前に入隊する可能性もある。そこで、2013年10月末に東京ドームで開催された所属事務所のイベントは、「ユンホに1度でも多く会いたいファンが殺到し、チケット入手の困難さは過去最高だった」(音楽業界関係者)。同じく人気のJYJのジェジュン、ユチョンなど、同年代スターのファンも心配している。

今、韓国でも韓流スターの入隊についての報道が多い。顔ぶれの豪華さだけではなく、2013年に芸能人への特別待遇が無くなったことに起因している。

これまで、有名芸能人と軍隊に認められた人物は、「芸能兵」と呼ばれる部門に配属されることが多く、慰問公演や広報活動を担ってきた。しかし、日本でも人気の歌手で俳優のRainが、2012年末に服装規定違反に。また、ライバルのSE7EN(セブン)も素行不良と不祥事が相次ぎ、廃止になった。今後、芸能人も一般人と同じ待遇を受けるため、スターがどこに配属されるのか、メディアもその動向を追っている。

次のページ
徴兵をビジネスの起点に
エンタメ!連載記事一覧