寒さの強い味方、ダイエットにも役立つ褐色脂肪細胞の秘密働きもののカラダの仕組み 北村昌陽

寒い季節になりました。体の中には、冬になると働き始める“暖房装置”があります。熱を作るために脂肪を燃やすので、ダイエットにも貢献します。ありがたい存在です。ただ、働きぶりは人によって差が大きいようです。どんなふうに働いているのか、見てみましょう。

いよいよ冬本番。もう暖房器具を使い始めている人も多いと思うけれど、外に出ればやっぱり寒いし、襟元を吹き抜ける冷たい風にキュッと身を縮めることもあるだろう。

そんなとき、体の中で働き出す自前の“ヒーター”があるという。寒さを感じると熱を作る、この季節の強い味方は、「褐色脂肪細胞」という名前だ。

え、脂肪細胞が味方なの? と思ったかもしれない。だって体脂肪は普通、少ない方がうれしいものだから。でも褐色脂肪細胞は、体脂肪をため込む通常の脂肪細胞(こちらは白色脂肪細胞と呼ばれる)とは全く別物なのだ。

「むしろ、熱を作るために脂肪を燃やしてくれます。ダイエットにも役立つ存在ですよ」

褐色脂肪細胞の研究で世界をリードする、天使大学教授の斉藤昌之さんはこう話す。へ~そんな細胞なら、多い方がうれしいのかも。どんなしくみになっているのか、聞いてみよう。

寒さの中では熱を作るのが優先される

私たちの体は約60兆個の細胞でできている。細胞が生きていくにはエネルギーが必要で、そのために私たちは食事を食べるわけだけれど、細胞は、食べ物の成分(糖分や脂肪など)を直接エネルギー源として利用するわけではない。食べ物の分子をいったんバラバラに分解し、ATP(アデノシン3リン酸)という別の分子に再構築する。この形になってはじめて、エネルギー源として利用できるのだ。

~寒さを感じると、褐色脂肪細胞が脂肪を燃やして熱を作る~

UCPが作動するとエネルギーを熱に換える  寒さの刺激を受けた褐色脂肪細胞では、ミトコンドリアの中でUCPというたんぱく分子が稼働する。するとミトコンドリアが脂肪を取り込んで熱を産出。これで体温を維持する。
細胞内のミトコンドリアがエネルギーを取り出す  通常、細胞に届いた脂肪や炭水化物は、徐々に分解されてミトコンドリアに入る。そこでさらに加工され、ATPという高エネルギー分子に変換される。これが、あらゆる生命活動のエネルギー源。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント