一般職、自分らしく道開く 家庭・育児と両立考え女子就活模様(下)

4年制大学に通う女子学生の間で、実は「一般職」が人気だ。基本的に転勤がなく、家庭生活と両立しやすいとの理由からだ。「女子就活模様」、主に総合職を巡る動きを伝えた先週に続き、今週は一般職の役割の変化を追う。
就職活動中の学生でにぎわう「キャリア支援課」(東京都調布市の白百合女子大学)

学生の8割が就職希望という白百合女子大学(東京・調布)。授業がない日も、就活生がキャリア支援課に集う。

ある学生は「総合職として、旅行や教育業界でバリバリ働きたい」と話す。もっとも、これは少数派。「就活の最初の段階では一般職を希望する学生の方が多い」(キャリア支援課の木村喜昭課長)という。

相談員との面談にきていた一般職志望の3年生は「多くの総合職には転勤がある。結婚や出産を考えたら、一般職の方が仕事を長く続けやすい」と考える。

今春、希望通り大手金融機関の一般職に就職する4年生の学生は「総合職は考えなかった。地域に特化して、接客の仕事がしたかった」と話す。

「派遣社員や契約社員も全く考えなかった。長期雇用が保障される正社員で窓口業務ができるのは一般職だった」。地域限定の正社員として働きたい学生に、一般職は魅力的な職種に映る。

■総合職へのステップ 吉原えりかさん(23、丸紅) 慶応義塾大法学部卒。入社1年目、一般職。海外電力プロジェクト第二部所属。仕事は総合職とほぼ変わらず。出張もあり、午後10時まで働くことも。元は総合職希望。コース転換制度の利用も視野に

津田実紀さん(23)は昨年4月、丸紅に一般職として入社した。食品の企画開発に興味があったが「結婚も出産もしたいと思うと、転勤が多い仕事は難しい」と考えて一般職にした。

丸紅は2000年に中断した一般職採用を08年に再開した。一般職に任せていた業務を派遣社員などに移したら「ノウハウの継承が難しくなった」(人事部)。毎年20~50人の採用に対し、女性ばかり3000人近い応募があるほど人気だ。

ただ最近の一般職の仕事は様変わりしている。顧客とのやり取りや海外出張もこなし、総合職と見分けが付かない人も多い。「業務に区分はない。違いは転勤と管理職登用がないことくらい」(人事部)

一般職をステップと考える女性もいる。吉原えりかさん(23)は総合職の志望が破れた時、「一般職でもやりがいのある仕事ができるよ」という先輩の言葉を思い出して一般職に応募、昨春採用された。出張も残業もこなすが「総合職は一般職にはない仕事の責任を負っている」。丸紅には総合職へのコース転換制度がある。「3年目までに挑戦したい。海外駐在もしたいし、給料の差もある」という。