吉野家で15%還元も 高くなった牛丼を安く食べる技

日経トレンディ

日経トレンディ

“庶民の味方”の代表的なメニューである牛丼。しかし2014年12月と2015年4月に「吉野家」と「すき家」が相次いで値上げし、並盛り1杯が300円台後半となった。両チェーンの客数は前年同月比でマイナスの月が目立ち、足を運ばなくなった人が少なからずいることがうかがえる。

しかし「得するワザ」を駆使すれば、今でも300円台前半で食べることは十分可能だ[注1]。お得に食べる方法と代表的なメニューを実食して調べた。

[注1]情報はすべて2016年3月中旬時点のもの。支払い方法や商品の価格などは店舗によって一部異なることがある。

すき家は電子マネーが最得、「CooCa」なら“3重取り”も

ゼンショーグループの独自電子マネー「CooCa(クーカ)」

業界最大手のすき家は2015年、全国の店舗で電子マネーに対応。楽天Edy、交通系ICカード、iD、QUICPayが使える。ビューカードでチャージしたSuicaを使えば1.5%還元だ。さらに2016年からはゼンショーグループの独自電子マネー「CooCa(クーカ)」の導入も進んでいる。クーカは専用のウェブサイトからクレジットカードでチャージが可能。すき家、はま寿司などのゼンショーグループ店舗での支払時に0.5%分の独自ポイントが付与される。チャージ額に応じて最大3%分のポイントが付与されるキャンペーンが5月末まで行われており、今がチャンスといえる。

割引クーポンは「すき家モバイル会員」向けのメルマガと、LINEの公式アカウントで配信。内容が異なるので2つとも登録しておくといい。LINEは不定期、メルマガは毎週金曜日に配信される。

LINEのクーポンは不定期
メルマガは毎週金曜日配信

並盛、大盛、特盛の具とご飯の重さを実際に注文して調べた[注2]。並盛はご飯が多めで具は少なめ。大盛にすると具の量がかなり増えるのが特徴。一方、大盛と特盛の差は少なかった。

並盛では3チェーンのうち、すき家が最もボリュームがあり、1g当たりの単価は0.87円。ただしご飯が多く、具は少なめだった。

[注2]実食チェックの計測値は編集部で調べた一例。東京都と神奈川県の店舗で持ち帰り弁当を2個購入し、平均値を記載した(松屋の牛めしは販売地域の静岡県で購入)。つゆだくなど特定の指示はしていない。

吉野家はアプリにポイント、金券……合わせて15%引きに

吉野家には、牛丼が何と実質10%引きになる驚愕の得ワザが出現した。方法は簡単。スマホアプリ「Tamecco(タメコ)」をインストールし、あとはiPhoneならブルートゥースを、アンドロイドならWi-Fiをオンにしておくだけ。アプリを起動しなくても、店内に2分程度滞在すると自動的に来店スタンプが1個たまり、スタンプ10個で380円引きになる仕組みだ。

スマホの位置情報などから来店を検知し、アプリを起動せずともスタンプが付与される「Tamecco」
Yahoo!の検索でクーポンが表示される

加えて2月からはTポイントが導入され、税込み200円につき1ポイントが付与されるようになった。並盛り1杯だと1ポイントの付与にとどまるが、Tカードは忘れずに提示したい。

支払いはジェフグルメカードが最得。金券ショップでは額面500円のところ480円程度で売られている。吉野家ではお釣りが出るので、並盛りの購入にも利用可能。すべてのワザを組み合わせると、並盛り1杯を税込み321円で食べられる計算になる。

「吉野家モバイル」への登録でクーポンが届くが、配信は不定期。ほぼ常時クーポンがあるのはYahoo!検索。「吉野家」と検索すると割引クーポンが表示される「けんさくーぽん」が使える。

実食チェックでは並盛の具の量が多め。大盛は具よりもご飯の量が増え、特盛はさらに肉の量が増える。

松屋は店内味噌汁無料で割安感、特盛は具の量が多い

券売機での会計が基本の「松屋」でも、実はジェフグルメカードが使える。券売機で購入せずに、店員に直接注文すればいい。

500円分が480円程度で購入できるジェフグルメカード

メルマガやLINEの公式アカウントで割引クーポンが配信されるのは他のチェーンと同じ。さらに公式アプリがあり、異なる内容のクーポンが配信される。どれもチェックが欠かせない。クーポンを使用する際も店員に直接注文するのが基本だ。

アプリはLINEやメルマガとは異なるクーポン

松屋は、関東の1都6県では「プレミアム牛めし」を販売しているが、他の地域では従来からの「牛めし」が継続販売されている。ボリュームは少なめながらも並盛が税込み290円と格段に安い。持ち帰りでなければ味噌汁が付くのも魅力的だ。プレミアム牛めしは通常の牛めしよりも具が10gほど多かった[注3]。どちらも特盛は具の量が多く割安だった。

[注3]松屋では2種類ある弁当容器のうち、店舗で食べる場合と同じく具をご飯に直接載せる「直盛り」を指定。ただし特盛については直盛りが選択できなかったため、具とご飯が別々の容器に入った状態で計測した。

(日経トレンディ編集部)

[日経トレンディ2016年5月号の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧