WOMAN SMART

ヘルス

肌の調子整える「美肌菌」 アトピーやニキビ対策も

2015/11/29

日経ヘルス

 話題の“菌活”“育菌”で、腸に続いて注目なのが肌の「皮膚常在菌」だ。菌バランスを整えることで肌を良い状態に保てると期待される。菌の状態を調べる検診や、「美肌菌」を増やす化粧品も登場している。

 「美肌菌」として注目を集める表皮ブドウ球菌。「皮脂や汗を食べて、グリセリンや有機酸など、皮膚に有益な成分を生み出す」と話すのは、東京女子医科大学東医療センターの出来尾格講師だ。一方、食中毒の原因菌でもある黄色ブドウ球菌は、皮膚の調子を崩す悪玉菌といわれる。

顔に住む皮膚常在菌は約10億個。皮膚表面の角質の中や毛穴にいるとされる。顔のほか、頭皮、わき、陰部、足裏も多く、腕などは少ない(イラスト:三弓素青)

 そこでまず、自分の皮膚常在菌の現状把握から始めようというのが、自由診療の肌検診「美肌菌ドック」。表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌、ニキビの原因となるアクネ菌の量を調べ、ほかの肌質検査の結果と併せて、医師らがスキンケアを指導する。

 菌バランスを整えるには、(1)菌バランスを崩すスキンケアをやめて美肌菌の自己増殖を待つ、(2)美肌菌が生み出す有益な成分を肌に塗布して菌の活動後のような肌状態にする、(3)自分の美肌菌を外部培養して戻す、(4)美肌菌のエサを肌に塗布する、の4つの方法がある。

 (1)は化粧品を使わない「肌断食」や、“殺菌成分”である防腐剤を含まない「無添加化粧品」などが該当。(2)は保湿成分のグリセリンを配合した一般的な化粧品なども相当する。

 (3)を実用化したのが「美肌菌バンク」だ。人によって定着する菌は異なるため、自分の顔の表皮ブドウ球菌を採取、培養する。菌は凍結保管され、好きな機会に取り寄せられる。(4)も市販化粧品として出始めた。

[左]美肌菌ドック 皮膚常在菌量のほか、約130項目の問診に加えて肌について20種類の検査し、肌質を把握する。約1カ月半後に結果が分かる。検査費用は4~5万円(税別)。肌トラブルの少ない筆者だが、98.4%はニキビにならないタイプのアクネ菌だった。酸性にはなるので、黄色ブドウ球菌は0(問/クリニカルパス http://skinflora.jp/) [右]育菌コスメ (左)美肌菌バンクで保管する常在菌を、化粧品「美肌フローラ」として1週間に2回を目安に肌に戻す。初回登録費が20万円(税別、問い合わせ先: 美肌菌バンク) (右)「リピカ バームAP」(問い合わせ先:ラ ロッシュ ポゼ)。菌バランスを整えるビトレオシラフィリフォルミス菌の粉砕物(死菌、ビトレオシラ培養物)を配合。市販の育菌コスメとしては、このほかにグルコオリゴ糖を配合したロート製薬「プロメディアル」シリーズなどがある

 こうした動きの背景には、皮膚疾患と皮膚常在菌の研究の進歩がある。「アトピー性皮膚炎患者の8割以上は黄色ブドウ球菌を保持する」と出来尾講師は明かす。

 慶應義塾大学医学部の海老原全准教授は「動物実験から、遺伝的に皮膚増殖因子が欠損していると黄色ブドウ球菌が極端に増えてアトピー性皮膚炎を引き起こすケースがあると分かった。消毒液の次亜塩素酸を用いて黄色ブドウ球菌の異常増殖を抑え、アトピー性皮膚炎の悪化を防ぐ試験を行っている」と説明する。

皮膚増殖因子に関わる酵素を欠損させたマウスを作成、無治療群と異常細菌叢に向けた抗生物質を与える抗菌治療群の2群に分けて飼育したところ、無治療群は黄色ブドウ球菌などが異常増殖して激しい皮膚炎を発症した。抗菌治療群は正常な皮膚細菌叢を保って皮膚炎を発症しなかった。その後、生後10週目に2群で治療方針を入れ替えると、症状が逆転した。(出所:Immunity;電子版Apr21,42,4,756-766,2015)

 ニキビでは、「皮脂分泌が盛んになる頃にニキビにならないタイプのアクネ菌を植え付けてニキビを防ぐ研究も始まっている」と出来尾講師は話す。ただし肌に関わる菌種は多く、特定菌種を増やしても無意味との指摘もある。

表皮ブドウ球菌は角質に住むため、角質を落とし過ぎることが減らす原因になる。肌をアルカリ性に導く汗や、殺菌効果がある物質もNG

■この人たちに聞きました

出来尾格さん
 東京女子医科大学東医療センター皮膚科講師。慶應義塾大学医学部卒業。アトピー性皮膚炎や皮膚常在菌を研究する。「石けん洗顔で皮膚常在菌は減るが、12時間ほどで回復すると考えられる。回数が多いと回復できない」
海老原全さん
 慶應義塾大学医学部皮膚科学教室准教授。慶應義塾大学医学部卒業。皮膚アレルギーやアトピー性皮膚炎などについて研究する。「現時点では黄色ブドウ球菌の静菌による治療を研究している。ニキビの対策にもなるだろう」

(日経ヘルス 宇野麻由子)

[日経ヘルス2015年10月号の記事を再構成]

WOMAN SMART新着記事

ALL CHANNEL