映画に続きテレビ界でも、IT業界モノがブームに海外ドラマはやめられない!~今 祥枝

ハリウッドでは、フェイスブックの創設者マーク・ザッカーバーグの自伝的映画『ソーシャル・ネットワーク』や『スティーブ・ジョブズ』を代表とする、IT(情報技術)業界を題材とする作品が目立っています。2014年は、グーグルを舞台にしたコメディー映画『The Internship』が全米公開されましたが、テレビにもその波は来ているようです。

2014年4月から、米ケーブルテレビのHBO(Home Box Office)で放送を開始した『Silicon Valley』は、サンフランシスコのベイエリアにあるIT企業の一大拠点シリコンバレーを舞台にしたコメディードラマ。2014年のエミー賞でも作品賞ほかで候補になった話題作です。

『Silicon Valley』。サンフランシスコのベイエリアで、新たにIT企業を立ち上げた若者たちの青春と業界の内幕を描くコメディードラマ。出演は、トーマス・ミドルディッチ、『トランスフォーマー/ロストエイジ』のT・J・ミラーほか。俳優としても活躍するマイク・ジャッジが、製作総指揮・企画・脚本を務める。2014年4月6日よりHBOにて放送スタート。シーズン1は全8話。シーズン2は2015年放送予定 (c)Photofest/アフロ

主人公は、IT企業を去った内気でナード(日本で言う“オタク”)な若者リチャード。彼がサイドプロジェクトで開発したアプリの副産物であるファイル圧縮技術が認められて、新しい会社「Pied Piper」を立ち上げます。そこでの仲間との友情や裏切り、そして買収攻撃への対応などに追われる日々が描かれます。専門用語に実在の企業や個人名もばんばん登場し、IT業界のリアルな内幕が感じられる作りとなっています。本当のIT企業のサイトに見える遊び心満載の、劇中の新会社のフェイクサイトも話題です。

同作品のクリエイター、マイク・ジャッジはリアリティーを重視したと言いますが、シリコンバレーの住人からは「こんな世界じゃない」との批判もあるとか。もっともドラマ用にデフォルメされた、“ちょっと変わった世界”としてIT業界が描かれていることから、そうした声があがるのもやむなしでしょうが、番組の人気・評価ともに上々です。

ツイッターの内幕ドラマも

2014年6月からは、幅広いハイテク産業が育ってきたテキサス州ダラスを舞台にした『Halt and Catch Fire』を米ケーブルテレビのAMCが放送しました。1983年、IBMの社員で初代IBMのPCの企画に関わり、現在はシステム開発の会社で営業として働くマクミランと、技術者クラークを軸にしたドラマ。アップルを共同設立したジョブズとスティーブ・ウォズニアックを想起させるものもあり、こちらも高い評価を得ています。

エンタメ!連載記事一覧