時代を動かす男優 堺雅人と西島秀俊が2トップなワケ日経エンタテインメント!

ヒットの数字を握る女性ファンを動かしてきた男優たち。若さや美しさを超え、作品や役者の本質が問われる時代に、求められるのは誰か。新たな局面を迎えている男優ブームの中、昨今、人気を集めているのが堺雅人と西島秀俊の2人である。その理由を探った。

近年、アイドルでもアーティストでもない「男性俳優」のブームは大きく2つあった。2000年に始まった「平成ライダー」を皮切りにした「仮面ライダー&スーパー戦隊ヒーロー」、それから7年後の2007年には、『花より男子2リターンズ』『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』の2大学園ドラマによる空前の“イケメン”ブームだ。

そしてさらに7年後の2014年、再び男優が世間をにぎわしている。その2トップが、堺雅人と西島秀俊だ。堺は2013年、主演連続ドラマ『半沢直樹』(TBS系)が平成で首位の最高視聴率42.2%を記録。2016年のNHK大河『真田丸』の主演も決まった。

(写真=辺見真也)
【ドラマ】卓越した演技力で極端なキャラにも説得力。『半沢直樹』では上司相手でも正義を貫く半沢役がサラリーマンの憧れに、『リーガルハイ』では変人だが負けない弁護士役がコアなファンの心をつかんだ。どちらも非リアルな設定ながら、堺の演技力が人物を生かし、作品をエンタテインメントとして成立させた(『リーガル・ハイ』DVD-BOX 2万2800円/発売元・フジテレビジョン、『半沢直樹 -ディレクターズカット版-』DVD-BOX 2万2800円/発売元・TBS 販売元は両作ともTCエンタテインメント。価格は税別) (C)2012 フジテレビ/共同テレビ (C)TBS

一方の西島は、元から強かった映画に加え連ドラでも、局の垣根を越えたビッグプロジェクト、TBS×WOWOW共同制作の『MOZU』で主演。CMの出演社数は9社に及ぶ。

2人に象徴される通り、今回の男優ブームは前の2つの現象とは大きく異なっている。堺は現在40歳、西島は43歳。若手ではなく、経験豊富なO-40(40歳以上)世代なのだ。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
NHKから国民的顔に
エンタメ!連載記事一覧