2021/9/14

ベーシックでありながらひと味違う白スニ

少しカジュアルなビジネスシーンでは、セットアップとTシャツ、そして白スニーカーが欠かせないでしょう。これがニューノーマルの常識です。作りの良さと高級感を備え、ちょっとしたアイキャッチがある、信頼の置けるメゾンや実力派シューズブランドがお薦めです。

高貴な印象を醸すヴェネチアンレザーの「ベルルッティ」、シンプルながらさまざまなテクニックを投入した「ジミー チュウ」、マット仕上げのレザーアッパーと艶やかなアウトソールが生み出すコントラストが斬新な「コモン プロジェクト」、シボ感のある極上カウレザーをぜいたくに使用した「ロトゥセ」。今、旬の4足です。

【記事はこちら】セットアップには白スニーカー 上質レザー技あり4選

スニーカー14万円/ベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク)
スニーカー5万5000円/ジミー チュウ

スニーカー6万6000円/コモン プロジェクト(シップス 銀座店)
スニーカー3万6000円/ロトゥセ(リエート)

見た目は革靴でスニーカーソールの「ドレスニ」

ニューノーマルな今らしいビジカジの装いにお薦めなのが、革靴のようなアッパーと、クッション性が高く機能性に優れたスニーカーソールを融合させたドレススニーカー(通称「ドレスニ」)です。見た目がドレス靴なのでスーツにもマッチしながら、軽やかな履き心地でリラックス感も抜群。

もう一つ、リラックス感を高めたのが「エスパドリーユ」です。サンダルやスニーカーよりエレガントな印象で履けるので、大人のリゾートシューズとしてはうってつけ。上品なジャケットにもマッチし意外と汎用性が高く合わせやすいのも魅力です。

【記事はこちら】「アスリート結び」「ドレスニ」とは 保存版靴のQ&A

スニーカーソールの「ドレスニ」
スニーカーより上品なリゾート靴のエスパドリーユ
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
次のページ
ドレス靴のコンフォート性の切り札はラバーソール
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram