パナソニックが新型e-BIKE ケイリン先導車の知見凝縮

パナソニックサイクルテックの電動アシスト自転車「XU1」。希望小売価格は25万1000円(税込み、写真の車体カラーはマットロイヤルブルー)
日経クロストレンド

パナソニックサイクルテック(大阪府柏原市)は、スポーツタイプの電動アシスト自転車(以下、e-BIKE)「XU1」の新型を2021年8月5日に発売した。希望小売価格は25万1000円(税込み)で、年間販売目標数は400台。販売は国内のみを想定している。海外メーカーのe-BIKEが日本市場に投入される中、国内メーカーとして商品ラインアップを強化し、e-BIKE市場を拡大していく考えだ。

車体重量は24.5キログラム、全長は184センチ。カラーはマットロイヤルブルーとシャインパールホワイト(写真)の2色

走行安定性の高い設計を新型XU1に

新型XU1には、東京2020オリンピックの自転車種目の1つ「KEIRIN(ケイリン)」のペースメーカーである先導車の開発で得た知見が生かされているという。このケイリン先導車のベースとなったのが、18年に発売されたクロスバイクタイプのe-BIKE、XU1だ。

ケイリンは日本生まれの競輪が国際種目となり、00年のシドニー大会からオリンピックの正式競技となった。最大7人の選手が、1500メートル(トラック6周)の着順を競う。その際、3周目までは風よけの役目も果たすペーサー(誘導員)が先頭を走る。

ぺーサーはスタートして間もなく時速30キロメートルにスピードを上げ、徐々にペースを上げて時速50キロメートルにしてから、ゴール前約750メートル(トラック3周)を残して走路を離れる。ペーサー、つまり先導車がいる段階から、選手たちはポジション争いを繰り広げるため、その役割は重要だ。

パナソニックサイクルテックが手掛けた東京2020オリンピックのケイリン先導車

公道を走行できる電動アシスト自転車の場合、電動アシストは時速24キロメートルまでに制限されている。かつ実際には時速10キロメートルくらいからアシスト力が徐々に弱まり、時速24キロメートル近くなるとほぼアシストしない設計で、モーターの出力もこれに合わせてある。

しかしそれではペースメーカーとして必要な、最高時速50キロメートルという高速走行が安定しない。そこで最高時速50キロメートルを発揮する高出力モーター、バッテリーの開発に着手。モーターの速度、バッテリーの電力量はともに市販車の約1.4倍になった。

その他、選手が追従しやすい滑らかで安定した加速を可能にするアシスト制御や、あらゆる速度域でラインを正確にトレースし、直進安定性を確保するフレームを開発。1年半以上をかけて検証を重ね、完成させたという。

土台が同じとはいえ、使用目的が大きく異なるため、先導車の技術が新型XU1に直接的に採用されているわけではない。同社開発担当者は「ケイリン先導車の開発の過程で、非常に走行安定性がよく、初心者でも安心して乗車できる設計が完成した。この知見を製品版のXU1に生かそうということになった」と説明する。

具体的には、フレームやフロントフォーク(前輪を挟み込み支える部分)のジオメトリー(寸法構成)などを見直し、従来車種より40ミリメートル低重心化した。これにより、走行時のハンドル操作に安定感が出たという。

「バンク(選手がレースを行うコンクリートやアスファルトで舗装された競争路)を走行するケイリン先導車と、街中を走行するXU1では求められるハンドリング特性が異なる。ケイリン先導車ではより直進安定性の高い味付けをしたが、市販の新型XU1は街中でも軽快にハンドリングができるような味付けをした」(同社開発担当者)

XU1は従来の車種より40ミリメートルの低重心化を実現し、安定感のある走行が可能になった
次のページ
本格e-BIKE寄りの街乗りモデル
MONO TRENDY連載記事一覧