N
U22
ビリギャルもう1回勉強するよ

ビリギャル再び「受験生」 カリスマがTOEFL攻略伝授

2021/8/18

ビリギャルもう1回勉強するよ

英語ユーチューバーのATSUさん(左)と、ビリギャルのモデルとなった小林さやかさん(右)
英語ユーチューバーのATSUさん(左)と、ビリギャルのモデルとなった小林さやかさん(右)

ギャルの女子高生が慶応義塾大学に合格するまでを描いた「ビリギャル」のモデルとなった小林さやかさん。今の職業は再び「受験生」。米国の有名大学院への留学を目指し、TOEFL攻略に悪戦苦闘中だ。そこで今、小林さんが一番会いたい先生、カリスマ英語ユーチューバーのATSUさん(西方篤敬)と対談してもらった。ビリギャルの夢は叶うのか。

日本の教育の課題解決策を求め、米留学を決意

ATSU 僕も高校2年生の頃まで全然勉強しませんでしたね。ビリではなかったけど、成績はパッとしなかった。ただ英語は社会に出ても役立つだろうと、勉強を始めたら、ゲーム感覚になって面白くなった。大学を卒業後にオーストラリア国立大の大学院に留学し、会計を学びました。小林さんはなぜ、米国に留学したいと考えたのですか。

小林 ビリギャルが注目を集めて、全国の学校から講演依頼をもらうようになりました。多いときで122回講演をした年もあります。私の話を聞いて人生が変わったという生徒もいて、当時の自分と同じようにつまずいている子どもたちを前に、教育に興味を持ちました。「なんで昔のわたしはあんなにがんばれたんだろう?」と自問自答しながら、北海道の高校でインターンをしたり、聖心女子大学大学院で学習科学を学んだりしていました。

小林さんは教育を変えたいという思いから、米国の大学院を目指している。今の職業は再び「受験生」。

日本の教育の課題が分かってきたのですが、解決策が見えない。そんなとき、大学受験の恩師、坪田信貴先生(「ビリギャル」の筆者)から「一度海外に出て、外から日本の教育を見たら」と助言され、米国の大学院で教育心理学を勉強しようと決意し、再び受験モードになったのです。だから、今の職業は「受験生」。目下、英語を猛勉強中です!

ATSU やはりTOEFL攻略がカギになりますね。米国のトップスクールの大学院だと、105点ぐらいは必要になります。僕の場合、留学前は103点、留学後に114点まで伸ばしました。失礼ですけど、今のTOEFLのスコアを教えてもらっていいですか。

小林 いや、恥ずかしいですけど、84点です。リーディングが26点、ライティング21点、リスニング20点、そしてスピーキングが17点かな。大学受験でリーディングとライティングはやったので、比較的得意ですけど、やっぱり聞いたり、しゃべったりするのは苦手ですね。

次のページ
原因分析してPDCA回すように英語学習を
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録