高血圧や糖尿病など慢性疾患の高齢者は「熱中症弱者」

画像はイメージ=123RF

熱中症に特に注意が必要なのが高齢者です。2018年のデータですが、熱中症で9万5千人が救急搬送され、うち半数は65歳以上でした。老化により体内水分量が減って汗をかきにくく、基礎代謝が落ちて暑さに鈍感になることが一因です。高血圧や糖尿病を抱える人は特に注意が必要です。高血圧患者は塩分量の制限を受けていますが、汗をかいて塩分濃度が下がりすぎると体温調節がうまくいかなくなります。糖尿病患者が使う薬の中には利尿作用を促すものがあります。これを服用していると脱水症状を招くリスクが高まります。

こういった慢性的な疾患を持つ人は、どうやって熱中症を予防すればいいのでしょうか。専門家に伺いました。

【記事はこちら】熱中症で搬送目立つ高齢者 高血圧・糖尿病でリスク増

子供は大人より脱水症のリスクが高い

写真はイメージ=123RF

熱中症は熱によって生じるさまざまな体の不調の総称ですが、その始まりは脱水症です。高温の環境下で体温が上がり、その体温を下げるために汗をかきますが、汗と一緒にナトリウムやカリウムなどの電解質も失われ、脱水症になります。従って、熱中症予防の基本は、十分な水分と電解質をこまめに補給して脱水症を防ぐことなのです。

子どもの肌はみずみずしいことからも分かるように、子どもは体重に占める水分の割合が高い。一方で、子どもは失われる水分も多く、入れ替わりのスピードが速いため、適切に水分を補わないと脱水症になりやすいといいます。こちらの記事では、脱水症のサインの見つけ方、そして「熱中症かも?」と思ったときの対処法をお伝えします。

【記事はこちら】脱水しやすい子供の熱中症予防 運動15分ごとに水分

熱中症予防で水分補給は大事、でも飲み過ぎには気をつけて!

写真はイメージ=PIXTA

この暑い夏の時期は、熱中症の予防に水分補給が欠かせません。ただ、必要以上に水を飲み過ぎると、頭痛や吐き気、けいれんなどを起こす可能性があるのをご存じですか?

原因は体内の塩分が薄まることにあります。水を大量に飲み過ぎると、体内で塩の成分であるナトリウムの濃度が低下します。正常値を超えて低くなると、水分が濃度の薄いところから濃い方に移る浸透圧の変化で、細胞の外から内に水分が移動して膨らみ様々な不快症状が起こるのです。これは「低ナトリウム血症」と呼ばれています。

症状は疲労感、手足のしびれ、頭痛、食欲不振、吐き気など。さらに進むと、けいれんや意識消失、最悪の場合は呼吸困難を起こし死に至ることも。詳細は下の記事をご覧ください。

【記事はこちら】「水の飲み過ぎ」に注意 多量の汗には塩分補給

体温調節できなくなり熱が体にこもる…熱中症の仕組みを解説

熱中症にどうしてなってしまうのか? そんな素朴な疑問に答える記事を紹介します。暑い夏に汗はつきもの。汗は体にたまった熱を外に出す働きをし、体温を一定に保ちます。しかし、熱中症のときには、これがうまく働かなくなるのだそうです。なぜでしょうか?

Q&A形式で、子どもにも読める記事ですので、ぜひ親子でご覧になってください。

【記事はこちら】熱中症どうしてなるの? 家にいても注意、命の危険も

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント