足腰に優しい「リカバリーシューズ」 おしゃれな4足

LEON

昨今、リカバリージャンルのシューズが話題なんです。足腰の負担を軽減してくれて、デザインが都会的ってのが、人気の理由なのだとか。ニューノーマル時代は、お洒落(しゃれ)と快適さの両立が常識。そこで、今回は注目のリカバリータイプのシューズをご紹介します。




履きたくなる理由は、楽チンなだけにあらず

昨今、リカバリージャンルのシューズが話題になっているのをご存じでしょうか?

改めてリカバリーシューズを説明すると、激しい運動による疲れを和らげてくれたり、ストレスや足へのダメージを軽減してくれたりするシューズのこと。主に、アフタースポーツで、足をリラックスさせるべく活用されるシューズのことです。

とはいえ、これが快適なだけでなく、都会的なデザインが多いのが人気な理由。大人になると、足腰の疲れを感じる機会が増えますし、何かとストレスの多い昨今です。

そんな疲れた大人に優しい靴ならば、癒やし効果もありますし、何より歩く姿がスマートに見えて、大人の余裕をアピールすることにもつながります。

おまけにデザイン面でも、お洒落にこなせるのですから、いうことなし。足元からお洒落と快適を両立するのが、ニューノーマル時代の大人の新常識です。

ホカ オネオネ 足を入れたら、その快適さに驚くこと請け合い

1万1000円/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン)

このところ、高い機能性で人気急上昇中なのが、フランス発のホカ オネオネ。こちらは抜群の通気性とクッション性で、足を癒やしてくれる一足です。運動のみならず、終日の立ち仕事でも疲労はたまるもの。アッパーをコンパクトに畳むことができるので、手荷物に入れて持ち歩き、こまめに足をリラックスさせてくださいませ。

オルフィック ミリタリー靴のデザインを取り入れた秀作

3万6300円/オルフィック(アルファ PR)

EUで使用されるトレイル・ランニングシューズの木型を使用し、ミリタリー・トレーナーシューズのパーツをミックスしたデザインは必見。快適さの面でも、ジェルを内蔵した新たなインソールとビブラム社製アウトソールを採用して、クッション性を強化しているから申し分なし。気分で交換できるよう、2タイプのシューレースを付属ってのもうれしいポイントです。

次のページ
機能性もデザインも妥協なし
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram