アップグレードできるPCは限定される

Windows 11は、Windows 10から無償でアップグレードできる予定だ。各PCメーカーでは、Windows 11にアップグレード可能なPCの情報をWebサイトで公開している。Windows 11へのアップグレードを考えているなら、まずそれを確認しよう。

だが、ここ3~4年以内に発売されたPCでなければWindows 11にアップグレードできない可能性がある。

Windows 11のシステム要件はマイクロソフトのWebサイトで公開されている。例えばCPU(中央演算処理装置)は「1ギガヘルツ(GHz)以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサまたはSystem on a Chip(SoC)」となっている。Windows 10搭載PCならほぼ間違いなく満たしているはずだ。

ところが、Windows 11発表後にマイクロソフトが公開した、Windows 11を利用できるかどうかをチェックする「PCの正常性チェック」アプリを実行すると、Windows 11にアップグレードできないと判定されるケースが多数報告され、SNS(交流サイト)などで話題になった。このアプリは21年6月末時点ではいったん削除されており、Windows 11の正式リリースまでに再び公開される予定だ。

Windows 11では、セキュリティーを高めるためのハードウエア要件が厳しくなっている。その中でもCPUについて、マイクロソフトのブログでは「仮想化ベースのセキュリティ(VBS)や、ハイパーバイザーで保護されたコード整合性(HVCI)、セキュアブートなどの保護機能が組み込まれた最新CPUを要件とすることで、セキュリティの基準値を高めています」としている。主にこうしたセキュリティー上の理由から、ここ3~4年以内に発売された対応CPU搭載のPCでなければ、Windows 11へアップグレードできない仕様になっている可能性が高い。

Windows 10から名称を変更して新しいバージョンとしたのは、UIの刷新に加えて、セキュリティー強化のため対応PCが限定されることによる混乱を避ける目的がありそうだ。

アップグレードに対応できないPCは、Windows 10のまま使い続けることになる。Windows 10の延長サポート期間は25年10月14日までなので、それまでは問題なく使い続けられるはずだ。

Windows 11搭載PCは年末商戦に向けて各PCメーカーから登場することになりそうだ。アプリや周辺機器もWindows 11対応をうたったものが投入されるだろう。Windows 11は年末商戦の盛り上げに一役買ってくれそうだが、

気になるのはWindows 11にアップグレードできない可能性が高い、4~5年以上前のPCだ。そうしたPCのユーザーにWindows 11のメリットや魅力を訴求して、買い替え需要を喚起できるかどうかが、年末のパソコン商戦のカギとなりそうだ。

(フリーライター 湯浅英夫)

[日経クロストレンド 2021年7月15日の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧