タレントパワー急上昇 松本まりか2位、1位はあの人タレントパワーランキング2021

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査を元に算出した「タレントパワースコア」。この1年で数値を一気に伸ばしたのは誰か。前年調査と比べてスコアを大幅に伸ばした人たちをランキング化したものが「急上昇ランキング」だ。「総合TOP100」にはまだ届かない人も多いが、1年で認知度と関心度が大幅にアップした、旬の顔ぶれが分かる。[タレントパワースコアについての詳細は記事「タレントパワーランキング あの女優が8年ぶり1位に」参照]

スコアは小数点第2位で四捨五入。順位は第2位以下も含めて付けた

今回の調査で1位となったのは女優の森七菜(インタビュー「森七菜、タレントパワー急上昇トップ 作る側にも興味」)。20年調査の7.7ポイントから18.5ポイントもスコアを伸ばし、今年のスコアは26.2ポイント。スコアの伸びで2位以下に大きく差をつけての大躍進となった。20年はNHKの朝ドラ『エール』に二階堂ふみ演じるヒロインの妹役として出演したことにはじまり、10月期のドラマ『この恋あたためますか』で連ドラ初主演と快進撃が続く。

『恋あた』はTVerでの2020年10‐12月期番組再生数ランキング1位と注目を集めた作品で、地上波放送後「#恋あた」がツイッターの世界トレンド入りするなど反響を呼んだ。また、「オロナミンC」のCMキャラクターにも抜てきされ、天真爛漫な笑顔で年齢・世代問わず多くの人を引きつけた。

2位は女優の松本まりか。18年、『ホリデイラブ』で演じた“あざとかわいい”キャラクターで注目を集め、20年も『竜の道 二つの顔の復讐者』をはじめ、『妖怪シェアハウス』『先生を消す方程式。』と、数々のドラマに途切れることなく出演。また、特番を経てレギュラー化したテレビ朝日のバラエティ『あざとくて何が悪いの?』にたびたび出演し、プライベートやSNSの使い方も話題になった。

3位のティモンディは芸人の急上昇1位。プロ野球からスカウトを受けた経験があるボケの高岸宏行、高校時代に身体能力測定で2年連続全国1位となったツッコミの前田裕太のコンビで、他にはないポジションを確立している。20年は『炎の体育会TV』などのスポーツ系の番組や体当たりロケに数多く挑戦。

21年からは『炎の体育会TV』でレギュラーとなり、STVで初の冠番組『ハレバレティモンディ』がスタート、高岸は22年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』への出演が決まっているなど、話題が途切れない(インタビュー「元高校球児のティモンディ お笑いネタも直球で勝負」)。

注目記事
次のページ
LiSA、あいみょんが昨年に続きラインクイン