ファイルの破損や削除から起動不能まで幅広く対応

バックアップが役立つのは、個別のファイルが破損して開かなくなったり、間違って削除したりしたときだ。慌てずバックアップ済みのファイルを取り出せばよい。“うっかり上書き”した場合も落ち着いて対処しよう。ファイル履歴は以前のバージョンも保持しているので、ファイルを上書き前の状態に戻すことができる(図5)。

図5 ファイルにトラブルが起きたとき、ファイル履歴やMSオフィスの自動保存によるバックアップが役に立つ。破損・削除したファイルを復元するだけでなく、必要に応じて過去の状態に戻すこともできる

内蔵ドライブの丸ごとバックアップが役に立つのは、ウィンドウズが不安定になったり起動しなくなったりしたときだ。ハードウエアが健全ならば、数十分でパソコンを元の環境に戻せる(図6)。

図6 ウィンドウズのトラブルには、内蔵ドライブ全体のバックアップが効く。再起動を繰り返したりブルースクリーンが出たりといった深刻なトラブルから脱出できる

(ライター 岡野幸治)

[日経PC21 2021年8月号掲載記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧