朝ドラ『おかえりモネ』 共感しながら楽しんでほしい

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)第104作の『おかえりモネ』が、5月17日にスタートした。宮城県気仙沼湾沖の自然に恵まれた島で育った永浦百音(清原果耶)、愛称・モネが、東日本大震災から3年後の2014年、高校卒業後に内陸の登米市に就職のため移り住むところから物語が始まる。森林組合で働き始めたモネは、この地で天気予報の可能性と魅力を知り、やがて気象予報士を目指す。本作は、東日本大震災で被災した当事者はもちろん、地震によって何かしら傷ついた心を持つ人にも寄り添い、ドラマとして希望を届けることを目指す。

NHKの連続テレビ小説『おかえりモネ』のヒロインは19歳の清原果耶

制作統括を務める吉永証氏は、「震災から10年目の春というタイミングで、現代ものであれば、震災を背景にしないことは考えられなかった。10年たち、そこからどう歩み、次に進むのか。この作品を通し、私たちなりのメッセージを込めたいと考えました」と語る。

清原は、制作陣からのオファーで主演が決まった。朝ドラは女優デビュー作の『あさが来た』(15年)、朝ドラ100作目の『なつぞら』(19年)に続いて3作目。『あさが来た』の頃から、「未来の朝ドラヒロイン候補」と目されてきた。

「清原さんは、どこかセンシティブで、抑制された役柄を演じることが多かったと思います。今回は、ある悩みを抱えてはいるものの、伸びやかで明るい、みんなをリードするような強さを持っているキャラクター。そんなモネを通して、清原さんの豊かな表情を見ていただきたいです。気仙沼で家族といるときと、登米で個性豊かな人たちといるときでは違いますし、社会人としていろいろな経験をした後に気仙沼に帰ってきたときの思いも、非常に豊かなお芝居で表現してくれるはずです。このドラマは視聴者のみなさんに、モネ目線で共感しながら楽しんでほしいです」(吉永氏、以下同)

モネは気仙沼育ちだが、震災の日は別の場所にいて、「みんなが大変なときに同じ場所にいなかった」ということが心に引っかかっている。家族や親しい人たちのために何ができるかを考え、その気持ちとどう向き合って前に進むか。「震災の経験は、人によって異なります。そうした痛みを分かることはたやすいことではありませんが、“寄り添いたい”という思いだけは忘れずに、物語を描いていきたいです」(吉永氏)

モネは登米で、東京から来た人気気象予報士の朝岡覚(西島秀俊)と出会い、この職業に興味を抱く。朝ドラで主人公が気象予報士になるのは初めてのこと。「気象予報士は天気を伝える以外に、ものを作る際の生産計画から、アイスクリームの売り上げ予測まで、生活やビジネスに密接に関わっています。それこそ、スポーツの屋外競技は、天候が勝負の行方を左右する。先々の未来を考えるという意味で、すごく広がりのある職業だと感じています」

注目記事
次のページ
セリフが考え抜かれた脚本