けれど魅せ場は、雨が降っている瞬間だけにあらず。実はこちらのモッズコートの内側背中部分はベルト付き。雨が止んだらぱっと脱いで肩掛けもできる仕様になっているのです。雨上がりにいつまでもコートを着ていて蒸れてしまう不快感もなく、しかもこの肩掛けした時のコートの雰囲気がこなれたアクセサリー的な華やかさを醸すのはさすがイタリアを代表するアウターブランド。縫製の確かな技術で裏面まで美しいからこそなせる技。レインコートなのに晴れでも魅せる仕様になっているのです。

内側のストラップを肩にかけると、こなれ感満載の風情に

そんなスタイリッシュな印象は女性の心に確実に火をともすのは間違いありません。「やだ夏はまだなのに……」とその燃える心を持て余す女性の目線は、雨のシーズンの最高の勲章です。

急な雨にも慌てないサイクリングセットアップ

オンオフの移動手段としてますます人気の自転車。テレワークの追い風もあり、代官山などお洒落なエリアはサイクルショップのオープンラッシュ。週末ともなれば、愛車を物色するカップルでにぎわっています。そんな人気の自転車ですが、大敵は雨。これから打ち合わせ、もしくはデートというシーンに限って降る雨に「どこかに止めてタクシーかな」と諦めモードになったり、もしくはポンチョなど実用性はあるけれど艶っぽさには欠けるアイテムを引っ張り出したりと受難なイメージが付きまといます。

小松マテーレが開発した防水素材は耐久性も魅力。家庭用洗濯機で100回前後洗っても、撥水性を維持できるそう。ジャケット 4万7300円(エストネーション )

けれど、そんなイメージと速攻お別れできるアイテムがあるのです。そう、それがエストネーションのサイクリングセットアップ。一見するとスタイリッシュなセットアップの印象ですが、実はその素材は最先端のファブリックメーカーが開発した“ダントツ撥(はっ)水”と呼ばれる超撥水加工がほどこされたもの。雨を強力にはじく、頼りがいがたっぷりな素材なのです。

ダントツ撥水サイクリングセットアップパンツ 2万4200円(エストネーション)

上襟にはフードを収納、さらに雨が入り込まないようなフロントジッパー、スマホなどをさっと入れられる大きめな内ポケット、袖口は蒸れないようなベンチレーション(切り込み)付きと配慮の効いたディテールが満載。セットアップとしてコーディネートできるサイクリングパンツも注目。ゴム仕様のウエスト、膝はダーツ入りとこぎやすさもダントツです。こんな頼りがいのあるレイニーセットアップがあれば、急な雨でも颯爽(さっそう)と自転車で登場。会議でもディナーでもそのままスマートに行く、そんな姿は「……読みが深い方……」と女性の関心を引くのに十分。雨こそ自転車は魅せ場? これで際立つ存在感を醸してください。

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
次のページ
「入ってく?」と言いたくなるエスコート傘
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram