ペッパーミル5種比較 1位は36段階の挽き方で香る合羽橋の台所番長が調理道具を徹底比較

5種類のペッパーミルで細かさ、粗さ、挽きやすさ、香りを比較

東京・合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏がイマドキの調理道具を徹底比較。今回は、世界各国を代表するペッパーミルで、コショウの細かさ、粗さ、挽(ひ)きやすさ、香りを比較する(価格はすべて税込み)。

◇  ◇  ◇

こんにちは、飯田結太です。皆さんはコショウを料理によく使いますか。すでに挽いてある顆粒(かりゅう)やパウダー状のものはたくさん売られていますが、ひと手間かけるなら、挽きたてが一番。コショウの新鮮な香りとピリッとする辛さが、料理をひときわおいしくしてくれます。今回は、世界各国の人気のあるペッパーミルを比較検証します。

台所番長こと、東京・合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏が定評のある世界のペッパーミルを挽き比べ

ペッパーミルを選ぶときに知っておきたいことは、グラインダーや調節機能。グラインダーはセラミック製が一般的です。セラミック製のグラインダーの場合、コショウをすりつぶして細かくしていきます。ほかに、つぶすのではなく、カットするという方法をとっているスチール製などのグラインダーもあります。つぶす方式のものは挽くときに少し重さを感じるかもしれません。一方カットする方式のものは挽き心地が軽いのが特徴です。

粗さの調節は、つまみタイプと、底部分のダイヤル調節タイプがあります。つまみは、ふたをきつく閉めるほど細かく挽ける仕組み。ダイヤルタイプは微調整ができるものも多くあります。

では、今回検証するペッパーミルをご紹介します。

クールなデザインが人気、切るタイプのミル

コール&メイソン「ダーウェントペッパーミル」(メーカー希望小売価格9350円)。英国ブランド(中国製)、直径約60×高さ約190ミリメートル、6段階調節、硬化カーボンスチール製グラインダー

英国の老舗ミルメーカー、コール&メイソンの中でも最高峰といわれる「グルメプレシジョン」シリーズのひとつが、「ダーウェントペッパーミル」。一番の特徴は、一般的なペッパーミルはすりつぶして挽く仕組みなのに対して、これは、コショウを切る手法。つぶすのではなく切ることで味わいのキレも良いと評判です。実は私が個人的に使っているのもこちら。軽い挽き心地なので、料理中もサクサクと作業が進みます。

ふたはパカっと取れるのでらくちん

こだわり派におすすめ、細かく調節できるダイヤル式

ドイツ、ゾーリンゲンに拠点を構えるザッセンハウスは、1867年創業の老舗ミルメーカーです。日本ではコーヒーミルのメーカーとしてよく知られています。拠点を構えるゾーリンゲンは、日本で例えるなら、金属加工メーカーが数多く集まる新潟県燕三条地域のような場所。ゾーリンゲンにも、ハサミやミルなどを生産する工場や会社が多くあります。

「フランクフルト ペッパーミル WEN」は、握りやすくスリムなフォルムが好評のザッセンハウスを代表する商品です。ミル部分はセラミック製で、大きさの違う2種類の溝で、2段階で粉砕する仕組みになっています。調節ダイヤルは、6段階の挽き目ガイドがついていますが、無段階の調節ができるので、自分の気に入った加減にあわせておくのもいいかもしれません。

ザッセンハウス「フランクフルト ペッパーミル WEN」(メーカー希望小売価格9350円)。ドイツ製、直径約58×高さ約180ミリメートル、無段階フリー調節、セラミックグラインダー、ビーチウッド材
つまみを緩めてふたをとり、粒コショウを入れる
次のページ
36段階もの調節が可能
MONO TRENDY連載記事一覧