3度目のウッドショック 木材高騰、住宅が値上がりも

「ウッドショック」という言葉を耳にする機会が増えてきました。昨年後半から木材が手に入りにくくなり価格が上昇し、木造住宅の価格上昇や建設遅れが懸念されています。住宅の柱や「はり」に使う木材が歴史的な高値になっています。1970年代に起きたオイルショックでトイレットペーパーが品薄になった状態に近いという声も。理由はなんでしょうか。

先物相場5倍に

集成平角という材料の卸値は4月に1立方メートルあたり約6万5千円と前月比で9千円高くなりました。リーマン・ショック前の2007年8月以来13年8カ月ぶりの高値となっています。集成材と競合する米松(アメリカ松)KD平角も6万500円と上昇しています。

歴史的な低金利で米国の住宅市場が活況なのが理由です。米国ではコロナ下で在宅勤務に伴う郊外戸建てブームが起き、木材需要が急増しました。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の木材先物相場はこの1年で価格がおよそ5倍になりました。日本企業も恩恵を受けており、住友林業の1~3月期の連結純利益は129億円と1年前の2.5倍になりました。米国など海外で展開する分譲住宅事業が好調です。

為替の円安もあります。大規模な追加経済対策が打ち出された米国で景気回復期待が強まっているのを受け、年初から円安傾向になっています。ドル建てで取引される輸入材のコスト上昇につながっています。

さて住宅価格はどの程度上昇するのでしょうか。木造住宅は国内の新設住宅着工戸数の約6割を占めます。建設費用のうち木材価格は一般的に1割程度といわれています。住宅メーカーにとって需要を冷やしかねない販売価格への転嫁は避けたいところですが、作業員の人件費上昇もあってコストを抑える余地が少ないです。現在の木材価格の上昇分を単純に転嫁できたとすると、建設費用は数十万円単位でアップする可能性があります。

次のページ
3度目の「ウッドショック」
MONO TRENDY連載記事一覧