日経Gooday

参加者は、セッション当日の16時にそれぞれ通常の夕食を食べてから研究施設に到着し、18時45分から15分間、室温21度または0度の環境で座って安静にした後、19時にHIIEを開始しました。終了後、20時に、たんぱく質と炭水化物を多く含む栄養バー(炭水化物45g、脂肪5g、たんぱく質9gを含有)を食べ、22時に就寝しました。

翌朝は7時45分から採血を受け、8時15分に高脂肪食(組成は 炭水化物26%、脂質66%、たんぱく質8%)を摂取しました。その後、9時から12時まで、1時間ごとに採血を受けました。

室温0度での脂肪燃焼率は最大3.6倍に上昇

分析の結果、HIIE中の脂肪燃焼率は、室温0度のほうが有意に高く、21度での実施に比べ最大358%になっていました。また、10サイクルのうち、1~4回目に比べ6~10回目のほうが、脂肪燃焼率が有意に高いことも明らかになりました。一方で、室温が違っても、HIIE中のエネルギー消費量や、炭水化物の燃焼率には差はありませんでした。

翌日の高脂肪食摂取後には、脂肪と炭水化物の燃焼率や、血漿(けっしょう)中のインスリン濃度、中性脂肪値に差は見られませんでした。しかし、血中LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の値は、朝食後2時間の時点のみ、0度で運動した人のほうが有意に高くなっていました。食後の血中脂質量の上昇は、2型糖尿病や肝臓病、心血管疾患の発症に関連するため、こちらの結果はやや心配なものになりました。「低温下での高強度インターバル運動が翌朝のLDLコレステロール値を高める仕組みについては、今後検討する必要がある」と著者らは述べています。

論文は、Applied Physiology誌2021年2月18日号に掲載されています[注3]

[注3]Munten S, et al. J Appl Physiol. 2021;130(2):408-420.

[日経Gooday2021年4月21日付記事を再構成]

大西淳子
医学ジャーナリスト。筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。
注目記事