LEON

2021/5/23

Coordinate 3 青×黒=モダンに

▲ジャケット14万800円/ボリオリ(三崎商事)、ニット2万8600円/ドルモア(バインド ピーアール)、パンツ3万7400円/ボレリオ(HJM)、靴8万3600円/ボードイン アンド ランジ(ビームス 六本木ヒルズ)、メガネ3万4100円/モスコット(モスコット トウキョウ)、時計266万2000円/ヴァシュロン・コンスタンタン

かつてのジャパニーズモダンが新鮮です

70~80年代に日本のデザイナーズブランドが世界を席巻した際、欧米に衝撃を与えた色使いが青×黒でした。シックなネイビーと都会的なブラックの合わせは、色の濃度が近く洗練されたモダンさを感じさせます。トライする際は、濃い青にはスミ黒、淡青にはノーブルな黒というように、全体の濃度を統一するのがポイントです。

Coordinate 4 青×グレー=知的に

▲男性 シャツ2万8600円、Tシャツ[白]7700円、靴5万5000円/すべてポール・スミス(ポール・スミス リミテッド)、Tシャツ[紺]1万5400円/フィリッポ デ ローレンティス(トヨダトレーディング プレスルーム)、パンツ3万800円/ナンバーエム(オールウェイズ)、バッグ2万900円/エルゴポック(キヨモト NC事業部)、時計96万8000円/ゼニス ▲女性 ニット16万2800円、パンツ9万3500円/ともにムーレー(コロネット)、サングラス4万9500円/アーレム(グローブスペックス エージェント)、そのほかはスタイリスト私物

おしゃれオヤジの王道配色に安心感と信頼感が漂う

オンタイムの鉄板ジャケパンといえば、紺ジャケット&グレーパンツですよね。その知的な上品さをまんま応用した色合わせが青×グレーです。落ち着いた雰囲気も兼ね備え、頼りがいのある一面をアピールしたい時にはもってこいかと。チラみせのTシャツや足元に白を効かせれば、若々しくまとまりますよ。

お問い合わせ

アイヴァン PR/03-6450-5300 ヴァシュロン・コンスタンタン/0120-63-1755 HJM/03-6434-0885 オールウェイズ/03-5952-5958 キヨモト NC事業部/03-5843-9011 グローブスペックス エージェント/03-5459-8326 コロネット/03-5216-6521 スカイストーン・トレーディング/0267-41-1717 ゼニス/03-3575-5861 トッズ・ジャパン/0120-102-578 トヨダトレーディング プレスルーム/03-5350-5567 トレメッツォ/03-5464-1158 ヌーディージーンズ ラフォーレ原宿店/03-5772-0770 バインド ピーアール/03-6416-0441 ビームス 六本木ヒルズ(カジュアルフロア)/03-5775-1620 ブルックス ブラザーズ ジャパン/0120-02-1818 フレッド/03-6679-2011 ポール・スミス リミテッド/03-3478-5600 三崎商事/03-5520-5011 モスコット トウキョウ/03-6434-1070

※掲載商品はすべて税込み価格です

写真/人物・生田昌士(hannah) スタイリング/四方章敬、久 修一郎 ヘア/Takuya Baba(SEPT) メイク/Ken Nakano 文/竹石安宏(シティライツ)

LEON

[ウェブサイト『LEON.JP』2021年4月20日公開の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2022

3年ぶりの有観客開催となる華やかな授賞式の模様をYouTubeライブで生配信。 スペシャルな受賞者のスーツの着こなしにご注目ください。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE