永作博美さん 役全うの責任感、実力派に導いた転機は

今春は大河ドラマを始め、NHKで放送中のテレビドラマがツイッターなどで盛り上がっているようです。昨今の人気ドラマのほとんどは、刑事系(司法系含む)、医療系、恋愛系のおおよそ3つに大別されますが、今話題となっているNHKのドラマはその3つのくくりには入らないのが特徴的です。

(イラスト:川崎タカオ)

よるドラ『きれいのくに』や土曜ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』がそうですが、ドラマ10『半径5メートル』は私が一番注目しています。

女性週刊誌の若手編集者と型破りなベテラン記者のバディが、身近な話題に関する取材を通して、世の女性たちが日々感じている生きづらさと向き合っていく物語です。若手編集者を芳根京子さんが、ベテラン記者を永作博美さんが演じています。

意表をついた「オバハン」役

特に、自他共に認めるオバハンライターに扮(ふん)している永作さんの役作りは、ツイッターでも「永作博美さんの個性的な役柄も楽しませてくれる要因の一つ」「永作博美がいい演技してる」などと評判も上々のようです。

永作さんと言えば、第35回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した『八日目の蝉』(2011年公開)や、今年の第44回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞した『朝が来る』(20年公開)など、やさしくて芯の強い母性愛あふれる母親役が印象的です。

一方、『人のセックスを笑うな』(08年公開)では、青年を翻弄する年上女性を演じ、小悪魔的な魅力を存分に発揮していました。

そうしたなかで、今回のドラマでは意表をつき自他共に認める「オバハン」役。女性週刊誌の「さすらいのオバハンライター」コーナーが人気のフリーの名物記者を見事に演じ切っています。

かわいらしいルックスの永作さんがオバハンと称されるのには違和感を覚えそうですが、ドラマを見ているうちに、自然体でオバハンになりきっている永作さんの姿にいつのまにか魅せられてしまいます。

「芝居なんて恥ずかしいものだと思っていた」

いくつになってもかわいらしい容姿の持ち主である永作さんですが、もともとはアイドルグループの出身です。自身のアイドル時代について永作さんは、20年10月10日に放送された『サワコの朝』(TBS系)のなかで、「子供のときから歌が好きで歌がやりたいと思っていて、芝居は興味ないし、芝居なんて恥ずかしいものだと思っていたんです」と語っています。

そうした思いがあるなかで、アイドルから女優へ転身したばかりの20代は、自分の芝居がつまらなく感じて嫌でたまらなくて、周りからも「演技がダメ」と言われ続けていたのだとか……。

ですが、その気持ちは30代前半に変化します。

それまで永作さん自身の中に鬱積したジレンマを演技のなかで発散できた時、周囲からも演技をほめられるようになり、役を任される責任感をより強く意識するようになったのだそうです。そして、役を全うする責任感のなかで演じ続けた永作さんの30代は、映画やドラマへの出演も増え、名実ともに人気女優の道を歩んでいきます。

そうしたなか、30代の最後に挑んだ作品が日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した『八日目の蝉』でした。

永作さんは責任感の芽生えから着実に前進し、30代を通して仕事人としての1つの成果を結実させ、実力派人気女優の地位を確立したのです。

次のページ
短期集中型のアイドルから長期戦の女優へ