外側硬め、実がつぶれやすいレモンで検証

硬い食材の代表として、レモンとカボチャの切れ味を検証

レモンは外側が硬く、実が繊細でつぶれやすいため、意外とスライスしづらい食材。包丁だと、しっかり研いだ刃にしないと、きれいに薄くスライスするのは難しいんですよね。皮と果肉で硬さが均一ではない食材はどのようにスライスされるのか、さっそく検証します!

※厚さが調節できるものは約1ミリメートル、または1.5ミリメートルに設定。

◆万能野菜調理器ベンリナー

力を入れずにきれいに切れるのは、さすがプロ用でした。

ベンリナーでレモンをスライスする。力を入れずにスムーズにスライスできた
1ミリメートルのレモンスライス。断面もフラットだ

◆ベルナーV5

めちゃくちゃ軽い感触で切れました。V字の刃のエッジがしっかりしているのが分かりました。

レモンをスライドしたときのシャーシャーという音が気持ちいい
1.5ミリメートルのレモンスライス。断面がとてもきれいです

◆アジャスタブルスライサー

予想に反してレモンの果肉が刃に引っ掛かり詰まってしまいます。刃の厚み調節は0.3ミリメートル刻みで変更できるので、最初は、1.2ミリメートル厚、1.5ミリメートル厚でスライスしてみましたが、うまくいきませんでした。1.8ミリメートル厚にしたらきれいにできました。

果肉が引っ掛かってしまったのが残念
1.2ミリメートル厚でスライスしたらこんな状態に
1.8ミリメートル厚でスライス。レモンのような皮が硬く、果肉がつぶれやすいものは厚みを持たせるときれいにできますね

◆夢ゲンスライサー

0.5ミリメートル厚の極薄専用スライサーなので、やはり果肉が引っ掛かってしまいました。スライスしたレモンは果実味がない状態に。

果肉が引っ掛かってしまい、果汁が出てしまいました
果汁がなくなってしまった残念なレモンスライスに

◆スーパーキャベツスライサー

スライスしようとすると、果汁が出てしまいます。波刃はレモンのような果汁が多く含まれるものには適さないようです。

引っ掛かってしまい果汁もなくなってしまいました
残念な結果に

検証の結果、断面が美しく、果汁もしっかり含まれていて果実もまったくつぶれていないのは、ベルナーV5。圧倒的な切れ味でした。

1位 ベルナーV5

2位 万能野菜調理器ベンリナー

3位 アジャスタブルスライサー

4位 夢ゲンスライサー/スーパーキャベツスライサー

力を入れずに軽くスライスできた製品が、断面の美しいレモンスライスになりました。レズレーのアジャスタブルスライサーは、厚さの調節が細かくできていいのですが、刃の幅がほかのものに比べて狭いことが、引っ掛かりやすくなった要因のようです。極薄スライス専用の夢ゲンスライサーは、果汁がたっぷり含まれる食材は難しいですね。スーパーキャベツスライサーはキャベツに最適な波刃が裏目に出てしまったように思います。

左から、ベンリナー、ベルナーV5、アジャスタブルスライサー、夢ゲンスライサー、スーパーキャベツスライサー
次のページ
難関、カボチャのスライスに挑戦!
MONO TRENDY連載記事一覧