予算15万円 納得の機能、標準ノートパソコン7機種最新ノートPC予算別ナンバー1決定戦(予算15万円前後)

日経PC21

日経PC21編集部がお薦めの最新パソコンを予算別に紹介していくシリーズ。今回は予算15万円前後の製品を紹介する。大手国内ブランドの定番スタンダードノートが勢ぞろいするクラスで、最上位機よりも少し下のモデルが多い。ミッドレンジ機や下位機が選択肢に入る価格帯となる。

最新ライゼン7搭載「LIFEBOOK AH50/F1」

個々に製品の特徴を見ていく。このクラスで一番の注目は、CPUに最新世代のライゼン7を搭載した富士通の「ライフブックAH50/F1」だ。CPUの性能を計測できる「CINEBENCH」の結果は、第11世代コアi7を大きくしのぐ結果を見せた。代々受け継ぐ、打ちやすいキーボードも健在。全部入りノートの第1候補となる。

富士通の「LIFEBOOK AH50/F1」は昔ながらの「全部入りノート」を継承。第4世代となった最新の「ライゼン7」を採用し、コスパと使い勝手を両立した注目株だ。実売価格は14万円前後
「LIFEBOOK AH50/F1」(富士通)
●CPU:ライゼン7 5700U(1.8GHz)●メモリー:8GB●ストレージ:256GB SSD(PCIe)●ディスプレー:15.6型(1920×1080ドット)●光学ドライブ:DVDスーパーマルチ●端子類:USB3.2タイプC(Gen2)、USB3.2(Gen1)×2、USB2.0、HDMI出力、LAN、SDカードスロット●Wi-Fi:Wi-Fi 6●サイズ:幅361×奥行き244×高さ27ミリ●重さ:2キロ●オフィス:ホーム&ビジネス2019
通常のUSBは3つと多く、左右にバランス良く配置している。位置も手前側なので抜き挿ししやすいのは好印象だ。USBタイプCは1つ搭載するが、給電できるUSB PDには非対応
光学ドライブはDVDスーパーマルチを搭載。上位機はブルーレイだが、AHシリーズではミッドレンジ機となるためスペックダウンしている。搭載位置は右側面でディスクの着脱はしやすかった
ビデオ会議に欠かせないウェブカメラとスピーカー。前者は、このクラスでは一般的な有効92万画素を搭載。スピーカーは、2W+2Wのパイオニア製で音質にもこだわる
文字キーとキーストロークが2.5ミリと深いのも特徴
矢印キーが一段下がり、テンキーとの間を広めにするなど、打ちやすさへの配慮はピカイチ
次のページ
スタイリッシュな「LAVIE N15 N1535/BA」
MONO TRENDY連載記事一覧