MEN’S EX

汎用性が抜群! 「柔らかダブル」JKスタイル考

タイドアップはもちろん、カジュアルなVゾーンコーデも難なく受け止めるのが今どきの”柔らかダブル“の良さ。人気ブランドの新作で実証してみよう。

[左]ニットポロ2万7000円/ジョン スメドレー(シップス 銀座店) チノパンツ2万8000円/ランバン コレクション(ジョイックスコーポレーション) 靴9万8000円/ボードイン アンド ランジ(コロネット) [右]シャツ2万5000円/ボルゾネッラ、靴8万7000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームス 六本木ヒルズ) パンツ3万3000円/ベルナール ザンス(アイネックス) 時計73万円/ゼニス(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)
都会的なスポーティさを楽しむなら「柔らかダブル」+ポロシャツ=上の写真左
CASELY-HAYFORD(ケイスリー・ヘイフォード)
チノパンを合わせてトラッドな落ち着きをプラス
ストレッチの効いたサッカー素材でポロシャツコーデが一層軽快に
ジャケットはすでにブランドの定番的地位を築き上げている超アンコン仕立ての4つボタンダブル。ウエストに絞りがあまり入らないモダンなシルエットゆえ、ダブルと言えどまったく気負うことなく着用できる。今作ではストレッチの効いた薄手のコットンシアサッカー素材を載せ、よりコンフォートな着用感を実現。ビビッドなニットポロ+チノパンというトラッドかつコントラストの強いスタイリングも、ぐっと今らしく軽快に仕上げてくれる。7万6000円(三喜商事)
ドレス感をさりげなく崩すなら「柔らかダブル」+ウエスタンシャツ=上の写真右
PAUL STUART(ポール・スチュアート)
グレースラックス+ローファーで上品さをキープ
ラギッドなシャツを合わせてダブルの堅さを絶妙に中和
ハニカム織りで仕上げたポリエステル100%生地のため、抜群に軽く、爽快な着心地が楽しめるポール・スチュアートの4つボタンダブル。そのインナーに今季のはやりのウエスタンシャツを合わせてみた。正統的なダブルジャケットだと違和感ある合わせだが、ジャケット生地の表情やアンコン仕立てがデニム地シャツのラギッドさとマッチし、程よく肩の力の抜けた今らしいオフィスカジュアルに仕上がった。6万3000円(ポール・スチュアート 青山本店)

◇  ◇  ◇

[左]Tシャツ1万4000円/フィリッポ デ ローレンティス(トヨダトレーディング プレスルーム) ネッカチーフ2万4000円/ボリオリ(三崎商事) パンツ3万1000円/ジェルマーノ(バインド ピーアール) [右]ニット1万5000円/ルトロワ(ビームス 六本木ヒルズ) パンツ2万7000円/ブリリア 1949(トヨダトレーディング プレスルーム) メガネ3万1000円/モスコット(モスコット トウキョウ) 靴3万2000円/ポルペッタ × シップス(シップス 銀座店)
華やかトラッドに決めるなら「柔らかダブル」+ニット&スカーフ=上の写真左
DOPPIAA(ドッピア アー)
ネイビーのワントーンに好相性のイエローで軽快さUP
首元の寂しさを補うにはネッカチーフが有効
4つボタンダブルにニットやカットソーを合わせたときに首元が寂しいと感じたら、このようにネッカチーフを巻くのもおすすめ。ぐっと洒脱(しゃだつ)な印象となり、右のコーデ同様フレンチな雰囲気も高まる。ジャケットは金ボタンを装着したブレザータイプで、コンパクトなシルエットながら特徴的なワイドラペルによりしっかり男らしさを演出する。それでいてレーヨン62%+コットン38%の生地は、非常にタッチが心地よいパイル地なのも魅力だ。10万3000円(コロネット)
旬のフレンチテイストを楽しむなら「柔らかダブル」+ボーダーニット=上の写真右
UNIVERSAL LANGUAGE(ユニバーサルランゲージ)
タッセルスリッポンで爽やかさにエレガンスを加味
清涼素材をブレンドしたダブルをフレンチなテイストで攻略
4つボタンの柔らかダブルにクルーニットは相性がいいが、それをボーダー柄とするとさらに旬のフレンチな雰囲気に仕上がる。ここではジャケットが紺、パンツが白ゆえ、なおさらそんなムードが高まっている。シアサッカーの凹凸感でニュアンスを高めたジャケットの生地は、クールマックスとコットンを使用した素材で、潔く副資材を省いた仕立てと相まって今頁で集めたダブルの中で一番軽い着用感をかなえている。2万3000円(ユニバーサルランゲージ 渋谷店)

※表示価格は税抜きです。

撮影=野口貴司(SanDrago)、筒井義昭、若林武志〈静物〉、鈴木泰之、小澤達也、恩田拓治、武蔵俊介 スタイリング=四方章敬、宮崎 司(CODE) ヘアメイク=馬場拓也(SEPT)、吉村 健(AVGVST) 構成・文=小曽根広光 文=吉田 巌(十万馬力)、間中美希子、伊澤一臣、柳澤 哲 撮影協力=バックグラウンズファクトリー、EASE イラスト=林田秀一

MEN'S EX

[MEN’S EX Spring/Summer 2021の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram