中学校でeスポーツ大会 ロートが教育に関わる理由

ロート製薬CEO付兼未来社会デザイン室長の荒木健史さん
ロート製薬CEO付兼未来社会デザイン室長の荒木健史さん

ロート製薬が教育分野で新しい試みを始めている。大阪市立の新巽中学校(大阪市生野区)と組み、ゲームの対戦競技「eスポーツ」の大会を2月に開いた。80人近い生徒らが学校の中でゲームで対戦し、オンライン配信するという斬新な試みだ。プレゼンテーションの時間には、ゲームは本当に悪なのだろうかと生徒が堂々と問題提起した。しかし、なぜ学校現場でゲームを? そもそも製薬企業のロート製薬が教育やeスポーツの分野で活動を? 次々と浮かぶ疑問を解くため、大会を主導したロート製薬CEO付兼未来社会デザイン室長の荒木健史さん(以下、敬称略)と新巽中学校の山本昌平先生に話を聞いた。

――ロート製薬はeスポーツを広げるというミッションを掲げているのですか。

荒木 2018年7月に経済産業省からロートに転職してきました。僕が室長を務めている未来社会デザイン室は会長直下の組織でして、30年後の社会のあり方を考えることがミッションです。会社としても僕個人としても、一人一人の個性が尊重される社会づくりを目指しています。eスポーツは、そうした社会づくりに向けての一つの入り口なんです。eスポーツが教育に及ぼす効果があるのではないかと仮説を立て、新巽中学校の山本昌平先生とともに、eスポーツの大会を通じて検証してみました。

――しかし、中学校でeスポーツ大会を実施するとは、なかなか攻めていますよね。ゲームに対しては親や教育現場にはいろいろな意見がありそうです。実現するのは大変だったのではないですか。

荒木 そうですね。いろいろな方から理解を得るのが、非常に大変ではありました(笑)。幸いにも、一緒にやらせていただいた山本先生のご理解や問題意識が深く、校内の先生たちと協同してくれました。ただ、実は新巽中学校で開催する前の2020年10月に、大阪市生野区とロート製薬、プロゲーマーを擁し、ゲーム開発支援を手がけるデジタルハーツさん、スポーツ用品などを扱うスポーツタカハシ(大阪市)さんと組んで小中学生向けの「生野っこチャレンジ」というeスポーツ大会を開いていたんです。

――なるほど、ある程度地ならしができていたわけですね。そもそも、生野っこチャレンジはどのような経緯で開催されたのですか。

荒木 新型コロナウイルス感染症拡大による最初の緊急事態宣言のときに、子どもたちが学校に通えなくなりましたよね。自宅でゲームをする時間が増えた子も多かったのですが、意外に色々なスキルが得られたという話を保護者や子どもたちから聞きました。では、それを披露する場としてeスポーツ大会を開催しましょうというお話を、大阪市生野区の区長さんにしたところ、意気投合したという訳です。

――実際に生野っこチャレンジを開催してみて反応はいかがでしたか。

荒木 参加してくれた子の親御さんのアンケートはポジティブな反応が多かったです。例えば、仮想世界でブロックを積み重ねるゲーム「マインクラフト」をやっている子の中には空間認知能力がすごく高い子がいたり、ほかにも、学齢や地域を越えたコミュニケーションが生まれたり、オンラインでやるeスポーツだからこそのメリットがよく見えました。今後、発達障害の子や、不登校の子、引きこもりの子が活躍できる場になっていくのではないかと感じました。

「生野っこチャレンジ」の様子

――参加者はどういう人たちですか。

荒木 北は北海道から南は香川県まで、全国から小中学生が参加してくれました。全く知らない子たち同士でチームを組んでもらいました。大阪市教育委員会や経産省、他の小中学校の先生方も観覧していただきました。

――大会を通じて、eスポーツの教育的な効果が見えてきたという感じでしょうか。

荒木 そうですね、例えばここ数年、「プログラミング教育」という言葉自体は知られるようになってきましたが、では実際どうすれば子どもたちが習得できるのかといえば、まだ手探りの部分がありますよね。GIGAスクール構想や、STEM教育が言われる中にあって、子どもたちのデジタルリテラシーを高めるためには、ゲームを入り口にするのもいいのではないかと思えてきました。

次のページ
ゲームは本当に悪なのか?
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束