スキャナー「ScanSnap」新機種 高速、1分で40枚も戸田覚の最新デジタル機器レビュー

ScanSnapシリーズの最上位モデル「ScanSnap iX1600」が登場した

テレワークで書類の保存に悩んでいる人は少なくないだろう。受け取った名刺や企画書、パンフレットなどを自宅に保存するのは場所に困る。そんなときに役立つのがドキュメント(文書)スキャナー。大量の書類を片っ端からスキャンしてクラウドストレージに保存してしまえば、紙は捨てられる。クラウドにデータを置いておけば、会社や自宅、出張先などの場所を問わずにいつでも閲覧できる。

ドキュメントスキャナーといえば、PFU(石川県かほく市)のScanSnapシリーズの人気が高い。その最上位モデル「ScanSnap iX1600」(以下、ScanSnapを省略する)が登場したので紹介していこう。

前モデル「iX1500」からの順当なモデルチェンジと考えればよいだろう。iX1500との大きな違いはスキャン時間が高速になったこと。片面読み取り速度がiX1500の毎分30枚からiX1600では同40枚へと速くなった。

iX1500は販売終了となるので、今後はScanSnapシリーズの最上位機はiX1600になる。ただし、iX1600の機能の多くはiX1500にも搭載されているので、すでにiX1500を所有している人が買い替えるほどの差はないだろう。

公式オンラインストアでの販売価格は4万8000円(税別)となっている。予算が限られるなら下位モデルを選択するのも手だが、スキャンする枚数が多い人にはiX1600をお薦めする。

タッチパネルから単体で使える

iX1600の最大の特徴は、単体でも利用できることだ。搭載する4.3インチのカラー液晶パネルはタッチ操作に対応。セットアップを最初に済ませておけば、パソコンを利用することなく、単体でスキャンできる。詳しくは後述するが、スキャンしたデータは、クラウドなどに保存される仕組みだ。

4.3インチのカラー液晶パネルはタッチ操作が可能でわかりやすい

Wi-Fi(無線LAN)での接続に対応しており、本体を好きな場所に設置できるのもテレワーク向きだ。一昔前のスキャナーはパソコンとUSBケーブルで接続して使うのが一般的だったことを考えると、大きく進化している。

スキャナーは、スキャンする用紙をセットするトレー(用紙トレー)と排出するトレー(排紙トレー)が必要なので置き場所を取る。iX1600は用紙トレーになるパネルを閉じることができ、開けると電源が入る。排紙トレーも収納できるので、使わないときにはかなりコンパクトになる。それでも使う際には、それなりのスペースを占有することになる。

パネルを開けると電源が入る仕組みだ
付属品はACアダプターとUSBケーブル。最初のセットアップではUSBケーブルを使う
次のページ
さまざまな用紙のスキャンに対応
MONO TRENDY連載記事一覧