トースターの販売好調 「冷凍パン」も失敗なく焼ける大河原克行のデータで見るファクト

パナソニックのオーブントースター「ビストロ NT-D700」。実売価格は税込み2万7000円前後
パナソニックのオーブントースター「ビストロ NT-D700」。実売価格は税込み2万7000円前後

コロナ禍で調理家電の売れ行きが好調だ。日本電機工業会(JEMA)によると、2020年(20年1月~12月)はホットプレート、電子レンジ、ジャー炊飯器などの販売台数が前年実績を上回った。特にホットプレートの販売台数は前年比で1.45倍となった。おうち時間の増加によって「内食」が増え、家庭内で食事をおいしく楽しみたいという需要で盛り上がった。

販売好調な調理家電の一つにトースターがある。JEMAの調べによると、トースターの販売台数は、前年比16.0%増の292万6000台となり、電子レンジやジャー炊飯器を上回る高い伸びをみせている。

メーカー各社も、高火力の実現や微妙な温度制御、独自ヒーターやスチーム技術の採用、焼き時間のコントロールといった工夫を凝らしている。これにより「表面サクサク、中は熱々」といった焼き上がりを実現し、ふわっとした食感や香りを楽しめるトースターが量販店や電子商取引(EC)サイトには並ぶ。

冷凍パンをおいしく焼きたい

こうした中、ユニークな視点で商品を開発したのがパナソニックだ。21年2月1日に発売したオーブントースター「ビストロ NT-D700」では、食パンを冷凍保存する人が増えていることに着目。冷凍保存したパンを、失敗なく焼くことができ、おいしく食べられることに力を注いだ。

パナソニックが20~60代の男女500人を対象に実施した調査によると、ほぼ4人に3人となる72.1%の人が食パンを冷凍保存したことがあるという。その一方で、冷凍保存した食パンをトースターで焼いた際に「焦がしてしまった」「中が冷たいままだった」という経験をした人が少なからずいた。パン冷凍経験者の約8割がトースターで失敗したことがあるという。

(出所:パナソニック)
(出所:パナソニック)

冷凍保存した食パンをトースターで焼く方法については、「解凍せずに冷凍のまま、トースターで常温の食パンを焼くときと同じ設定で焼く」という回答が最も多い。つまり冷凍保存したパンのうまく焼く方法を見いだせていない現状が浮き彫りになった。

(出所:パナソニック)
次のページ
保存方法に難
MONO TRENDY連載記事一覧