師と同じ絵を描くな 仏で学んだ正統派のアカデミズム名古屋画廊 中山真一

笠井誠一《ヴァイオリンと壺》(1960年、45.5×65.2センチメートル、油彩・キャンバス、個人蔵)
才能や感性を鋭く問われる画家らアーティストは、若き日をどう過ごしたのか。ひとつの作品を手がかりにその歩みをたどる連載「青春のギャラリー」。ガイド役は名古屋画廊社長の中山真一さん(63)です。中山さんは「いつの世もアーティストが閉塞感を突破していく。自分を信じて先人を乗り越えていく生き方は、どんな若者にも道しるべを与えてくれるのではないか」と語ります。(前回は「苦学・失恋…受賞で見返したい 『裸婦の画家』の原点」

重厚ではげしい色彩とフォルム(かたち)が、太めの黒い線描にくるまりながら画面せましと縦横に躍動している。これぞ典型的な日本フォーブ(野獣派)と思いきや、どうもちがう。よく見ると、青や赤など少ない色数のなか構築的で無駄のない構図。筆触があらわなものの、そうしたものが放つ情緒や心情といった内面の動きは意外なほど感じられない。この画面をみての感動とは、あくまで単純化された色彩とフォルム、すなわち緊張感にとむ造形によるものなのであろう。日本フォーブは新段階に入ったか。戦前にはなかったような絵だ。作風はちがえどマチスら本来のフォービスムは、むしろこういうものだったのではないか。描かれているヴァイオリンは、どんな音色をかなでるであろう。

高2の春、北海道から上京

この作品《ヴァイオリンと壺(つぼ)》(1960年)の作者である笠井誠一(かさい・せいいち)は、1932年(昭和7年)に札幌市で生まれた。親族には画家もいて、芸術というものに対する環境がととのっていた。早くから画家をめざす。それも中途半端な“絵描きさん”では満足できない。北海道にいたのではだめだ。まずは上京せねば。高校卒業を待ちきれず、2年生となる春に転校し、終戦からまだ4年目で混乱期にある東京に移り住む。世界の芸術家が集まったパリの街にちなみ「池袋モンパルナス」と呼ばれたこともあった地域の近くに下宿。芸術大学をめざすかたわら、しばしばさまざまな画家のアトリエを訪ね、自作をみてもらった。著名な画家でも、高校生をおとなとしてあつかい、玄関口などで親切に絵をみて丁寧に指導してもらうことが多く、のち教育者として自身のあり方とする。

53年に入学した東京芸術大学では、当時は助教授だった洋画家の伊藤廉に師事。パリでセザンヌに傾倒しつつルオーの助手をつとめたこともある伊藤には、造形の基本やヨーロッパの古典をはじめ美術全般など教わることがじつに多かった。この上は、どうしてもフランス留学を。浪人中から日仏学院にもかよう。27歳となった59年、念願かなって当時まだめずらしいフランス政府給費留学生としてパリへ船でむかうこととなった。

パリに到着すると、予定していた名門パリ国立高等美術学校(エコール・デ・ボザール)にさっそく入学手続きをとる。戦前にエコール・ド・パリ(パリ派)と呼ばれた画家たちの余韻をもとめて学生の半数ちかくが外国人であった。当時のフランス美術界は、アンフォルメル(未定型絵画)と呼ばれるはげしい筆触による抽象表現の美術運動が盛期をややすぎたころ。しかしフランスはやはり伝統の国である。美術界がそうしたブーム一色になることはない。同校においても教授陣はなにより造形の基礎を重んじている。17世紀からつづくローマ賞(古典絵画を学ぶ3年間のイタリア留学の機会が与えられる賞)をめざす学生もまた多かった。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
次のページ
色彩は感情ではなく表現手段
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束