夕焼け空を陸橋から撮影。赤く染まった空と渋滞している道路の両方がしっかりととらえられた。画像内の明暗差を調整し、より鮮やかにする「HDR(ハイダイナミックレンジ)」的な処理をiPhone 12 Pro Maxはシャッターを切る一瞬でやってくれるのだが、やや色味が大げさな傾向がある。やりすぎに感じる場合は設定で、撮影時の画質を落とさずに保存する「Apple ProRAW」形式で撮影してアプリで編集し自分好みに仕上げよう
超広角カメラでようやくナイトモードが使えるようになった。被写体に迫って広い画面いっぱいにとらえてシャッターを切ろう。するとこのようにメリハリと迫力のあるカットになるはずだ
高層ビルのエントランスにある吹き抜けを見上げてiPhone 12 Pro Maxのシャッターを切った。ハイライト部からシャドウ部までキレイな描写のカットになった。構造物を大胆にフレーム内に傾けて配置してみたが、直線基調な被写体に動きが生まれた。余計なものを外して構図を作るのがコツだ
多摩川の河川敷を超広角カメラで。このようなシーンでは「グリッド線」を画面に表示させて変に傾かないようにシャッターを切ろう。またiPhoneシリーズは伝統的に強烈な光源を撮るとゴーストが出現するので、それが主要被写体にかからないように注意したい
ポートレートモードは人物だけを撮る機能ではない。このような静物でもボケ効果が得られるのだ。強調したいポイントを手前に配置して背景をぼかしてみよう。撮影時に画面に表示される「f」アイコンをタップすれば任意の絞り値(ボケ具合)を設定できる。仕上がりをプレビューしながらシャッターを切ることができるので便利である
MONO TRENDY連載記事一覧