感情に不要不急はない ドキュメンタリー映画に出演立川吉笑

創作話芸ユニット「ソーゾーシー」のメンバー。右から玉川太福、春風亭昇々、瀧川鯉八、立川吉笑(撮影エリザベス宮地)
創作話芸ユニット「ソーゾーシー」のメンバー。右から玉川太福、春風亭昇々、瀧川鯉八、立川吉笑(撮影エリザベス宮地)

ドキュメンタリー映画に出演することになった。

今年、真打ちという落語家にとって最上位の身分に昇進した瀧川鯉八(たきがわ・こいはち)、来年5月の真打ち昇進が決まっている春風亭昇々(しゅんぷうてい・しょうしょう)、今年度の浅草芸能大賞新人賞を受賞した浪曲師・玉川太福(たまがわ・だいふく)という飛ぶ鳥を落とす勢いの先輩方とソーゾーシーというユニットを組んでいる。そのツアーの様子を中心に、映像作家のエリザベス宮地監督が「劇場版 高座から愛を込めて」というタイトルで1本の作品に仕上げてくださったのだ。沖縄・桜坂劇場を皮切りに今年から来年にかけていくつかの劇場で公開する予定だ。

初めて全国ツアーを開催することになった去年、「せっかくだったら記録映像を残しておけば自分たちの記念になるかも」と、それくらいの気持ちでエリザベス宮地監督にお願いした。お渡しできる予算も限られているから5カ所ある公演のどこかに同行していただいて「YouTubeにアップするためのちょっとした映像を作ってもらえたら」くらいのつもりのオファーだったけど、フタを開けたらなんと全公演に密着してくださり、さらには1本の作品として見事に仕上げてくださった。

「劇場版 高座から愛を込めて」の手法

先日届いた、完成したばかりの「劇場版 高座から愛を込めて」を見て、これが「ドキュメンタリー映画」という手法なのかと感動した。

ドキュメンタリー映画は「純粋な真実」を映しているわけじゃない。そこに監督の視点が存在する限りどこまでいってもその創作性、作為性はついて回る。厳密に言えば、僕たちは自分の視点でしかこの世界を知覚することができないのだから、純粋な真実などそもそも存在しないとも言えるけど。

「劇場版 高座から愛を込めて」ももちろんそうで、膨大な量の映像素材の中から最終的にはエリザベス宮地監督が選んだ場面だけがつなぎ合わされて約90分の作品を構成している。そこで映し出されているものは、僕が感じていた「純粋な真実」とは全く違うものだった。

観客としてドキュメンタリー映画が好きで、これまでも色々な作品を見てきたし、ドキュメンタリーといえど作り手の作為性が介入している以上はフィクションなのだと理解はしていたけど、こうして実際に自分が被写体となった作品を見るとそのことがよくわかる。

映っているのは確かに僕が選んだ言葉や振る舞いに違いないのだけど、監督の視点を通すと僕が思っていた以上の意味を帯びてくるのだ。いやもっと言えば、何も考えず自然に口から出た言葉とか、ちょっとした笑顔のような、僕を含めた誰にとってもすぐに消えてしまうような、意味のない「些細(ささい)な」言動が監督にすくい取られることで鮮やかに色づき始めるのだ。

次のページ
コロナ禍以前の映像が突きつけるもの
エンタメ!連載記事一覧