2個のメダル生んだ偏食変えた母の料理 有森裕子さん食の履歴書

学生時代は補欠ばかりで記録とは無縁だったという有森さん=撮影 三浦秀行
学生時代は補欠ばかりで記録とは無縁だったという有森さん=撮影 三浦秀行

ランナーとして致命的な極度の貧血だった有森裕子さん(53)。オリンピックで2度メダルをとった体に鍛えたのは、旬にこだわる母の手料理だった。「新型コロナ危機は免疫力を高める食を知る好機」。季節の食材が体をつくり病を防ぐ。「今こそ当たり前の食を」と説く。

岡山県で生まれ育った。1928年のアムステルダム五輪800メートルで日本女子初のメダリストになった人見絹枝さんと同郷だ。有森さんの92年バルセロナ五輪での銀メダル獲得は、女子陸上選手としては人見さんに次ぐ64年ぶり史上2番目の快挙だった。

スポーツエリートのような印象だが、有森さんの陸上人生は「補欠ばかりで記録とは無縁だった」。インターハイにも国体(国民体育大会)にも出たことがない。実業団(リクルート)になって注目される、異例の遅咲き。それは食とも無縁ではなかった。

好き嫌いの多い子供だった。父親の実家は仕出屋で、母は大学の食堂に勤める調理師。両親ともプロとして料理に関わっていた。しかし、「小学校の時は煮たニンジンや大根、あとレーズンにチーズが食べられませんでした。味や食感が苦手で」。食の偏りとの関係はわからないが、アトピー性皮膚炎がひどかった。心配した母は「あの手この手で料理を工夫してくれた」。

忘れられない料理がある。ある日、苦手だったセロリを母が千切りにして、さきイカと混ぜ、酸味のあるドレッシングとあえてゴマを振りかけた見たこともないサラダを作った。「これがかみ応えのある不思議な食感で、セロリ独特の味が消えて驚くほどおいしかったんです」

感謝するのは「母が季節ごとの旬の食材をよく知っていたこと」だ。「今はこれがおいしいのよ」と言いながら、当たり前のように旬の料理が出た。食べ物は旬の時と、そうでない季節では栄養価が全然違う。母親の工夫のおかげで次第に好き嫌いがなくなり、アトピーも良くなった。

ところが新たな問題が起きる。本格的に陸上の部活動を始めた高校時代、極度の貧血になったのだ。女性なら最低でも12はあるべきヘモグロビン濃度が半分の6しかなかった。鉄欠乏性貧血。「鉄分を吸収しにくい体質で、ランナーにとっては致命的です」。そして、母の奮闘が続く。「母のお弁当には鉄分の多いレバーやホウレンソウやヒジキがたくさん入っていた」

次のページ
アトランタ五輪で専属の栄養士
エンタメ!連載記事一覧